ウレタンゴム加工会社 2代目社長の挑戦ブログ

2012年12月09日
ウレタンゴムの硬さについて

硬さ(hardness)は、こうどともいわれ、簡単に測定出来る事からウレタンゴムの

品質の評価に広く利用される尺度である。

一般的にウレタンゴム硬度を測定する場合は、前日の写真に載せていた

硬度計を使用する。

試料に極めて小さい歪を与え、その場合の針の入り方は玉の凹み度によって、

ウレタンゴムの相応的な抵抗力ー応力をはかる方法を取りいれてる。

当社もスプリング式のモノを使用している。

JISのスプリング硬さ(Hs)にはA式とC式が有り、柔らか過ぎて押込抵抗が無い

0度から、ガラスや金属の用に押針が全くのめり込まない100度まで目盛りが

分布されています。

一般的なゴム(合成ゴム)で、軟質のゴムで20~40度で、中間ゴムで40~90度

純ゴム配合でウレタンゴムのもっとも硬さの高いものが98度であります。

それ故に、当社の扱うウレタンゴム硬度は下は15度位から上は98度まで

有るので、ゴムの硬度の全てに対応しています。

100度のゴムでエボナイトっていうゴムが有りますが、配合の特異性から

切り離して考えて欲しいです。


関連のありそうな記事 ぜひこちらもご覧ください!

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文
 


ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ・お見積もりはお気軽に!
ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ

ウレタンゴム加工110番特急便

最新のコメント