ウレタンゴム加工.com

新着情報&ブログblog

2013.11.23ウレタンゴムを選択して頂ける一つの理由

「圧縮永久歪み」という言葉をご存知ですか?

簡単に言えば読んで字のごとく、圧縮した時にどれくらい歪むかということです。

特にゴムの場合、この「圧縮永久歪み」が採用する重要な決め手になります。
その理由としては、防振用ゴムを始め、緩衝ゴムとして使用する場合が多く、
この圧縮力を受けるケースがとても多いためです。

この、圧縮永久歪みの計測の仕方は、
指定の圧縮率に圧縮した状態で、そのあと指定された時間だけ保持します。
その後、そのゴムに載せられた荷重を除き指定時間放置します。
そして、減少した厚さの圧縮変形量に対するパーセンテージで示しています。

この圧縮永久歪みを測ることで、正確に加硫が行われているかを見極めることができます。

一般的に、圧縮永久歪みが小さい方が(物性が)良しとされています。
きっちり加硫が行われてて物性を十分発揮していれば、圧縮永久歪みは小さくなります。
ウレタンゴムの場合、一次加硫、二次加硫と正確に行われています。
結果として、ウレタンゴムは、圧縮永久歪みを比較的小さくすることができます。。

このように、ウレタンゴムが選ばれる理由としては、一時加硫、二次加硫をしっかりおこなうことで、
圧縮永久歪みが小さくなるから、と言えます。

ウレタン低硬度品

関連のありそうな記事

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文

最新のコメント

ウレタンゴム加工のことなら何でも!
お問い合わせ・お見積もりはお気軽にどうぞ!

受付9時〜18時(休み:土日祝)078-927-5112  078-927-5114
© 2020 株式会社立成化学工業所
TOPへ