ウレタンゴム加工会社 2代目社長の挑戦ブログ

2020年03月05日
ウレタンるーぷをお客様に納品!その場でジャンプ!!

当社立成化学工業所は
注型ウレタンゴム加工を生業にして
50年が経過しました。


ただ愚直に注型ウレタンゴム加工だけに特化して
商売を50年行ってきましたので

 

注型ウレタンゴム加工に関しては
他社に負けない、経験や知識があると
考えています。


ウレタンゴム加工で見積もりをご依頼される時は
3社に相見積もりを取ってくださいませ。

 

ただし、その一つに
創業50年ウレタンゴム一筋の立成化学工業所
を加えて下さいませ。

さて
今回は当社で現在当社が自社商品と
して力を入れています。


縄跳びを納品したお客様に
付いて触れていきますね。

 

 

先日!
ひな祭りの日に兵庫県朝来市に
行ってまいりました。


巷ではコ〇ナウィルスに
より外出しない方が良いと
されています。

 

しかし
ウレタンるーぷの良さを
実感して頂く為に

 

私自身も跳び
お客様にも実際
現地で跳んで頂こうと思い


納品に伺いました。

 

 

お客様が実際跳んだ
動画はこちら↓です。

 

 

 

 

お若い社員さんで
まだまだ体力があられる方なので


軽快に跳んで頂きました。
有難うございます。

 

2時間掛けて(下道を使い)
行き

 

商談時間はなんと20分です。

 

それでも行った甲斐が
有りました。

 

 

ウレタンゴムの縄跳びの
良さを実感して頂き


又、大変気に入って頂きました。


私は当然
毎日跳んでいますので


ウレタンゴムの耐摩耗性については
又再認識しているのです。

 

もしよろしければ
お客様にも毎日
“ウレタンるーぷ”を跳んで頂ければ

 

何故、縄跳びをウレタンゴムで!?

という事が理解して頂けるのでは
ないかと感じています。

 

 

 

 

 

自社の
ウレタンゴムるーぷ(縄跳び)は本当に強いです。

 

何故なら
加圧を掛けているからです。

 

お米でも
加圧釜で焚いたら

 

しっかりお米が炊き上がります

それは
何故かと言いますと。。。


お米を焚く時には
水が必要です。

 

水(H₂O)の沸点は100℃
なのでそれ以上はあげれません

 

すると
お米を強いご飯(旨味が凝縮している)
にしようと思うと

お米の成分の密度をあげる
しかないんだと思います

 

よって出来たのが
お米の炊飯器の加圧釜

 

その加圧釜に
良く似た構造の機械が
当社にはあり

 

その機械(加圧釜と当社でも呼んでいます)
の中で

 

当社の“ウレタンるーぷ”
も製造しています。

 

 

ウレタンの注型は基本
圧力の掛からない

 

大気圧(目に見えない圧は当然掛かっています)
状態で行っています。

 

よって
加圧釜で成型(注型)して
圧力掛けてるだけで全く違うと感じます。

 

その力は
y=ax²

aが2倍になれば
yは4倍になります



圧力が2倍になれば
ウレタンの耐摩耗性は4倍になります。

 

当社の“ウレタンるーぷ”も
そんな公式に当て嵌まります

 

よって
当社の“ウレタンる~ぷ”
は非常に強いです。

 

安心して
跳んで頂いたら結構です。

 

ただし、
ウレタンゴムは動的力には強いですが
静的力には弱いのです。

 

常に動いている(負荷が掛かっている)場合は
威力を発揮しますが

 

長い間放置をしていますと
劣化する恐れがあります。

 

故に

 

是非
“ウレタンるーぷ”は毎日跳んで欲しいのです。

 

宜しくお願い致します。

 

 

 


関連のありそうな記事 ぜひこちらもご覧ください!

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文
 


ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ・お見積もりはお気軽に!
ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ

ウレタンゴム加工110番特急便

最新のコメント