ウレタンゴム加工会社 2代目社長の挑戦ブログ

2010年04月02日
ウレタンゴムの加工について

ウレタンゴムは現存する弾性体の中で耐摩耗性抜群です。
何故なら、純ゴム配合で三次元結合であるからです。
(余分な不純物が一切入っていないのです!!)

但し、耐熱性に関しては弱く常時80度以上になると
使用できません

ウレタンゴム加工方法の分類

①混練型(ミラブルタイプ Milleble type )
通常のゴムと同様の加工をすることが出来るので
特別な注型機、成型機を必要としないという利点があります。
但し加水分解しやすい可能性があります。
(硬度60~90度)

②熱可塑性タイプ(サーモプラスチックタイプ Thermo Plastic type)
一般的にプラスチックと同様な加工方法を取ります。
原料はペレットの形で供給され主として押出し成型又は
射出成型で加工します。
1点あたりの注文数量が多くないと高価さとあいまってペイしない事が
多いです。
(硬度70~100度)

③液状注型 (キャスタブルタイプ Castable type )
上記①.②に比べますと生産性はかなり劣りますが大きなものから
手のひらサイズのウレタンまでかなり複雑な形状のものまで
製造できます。

ちなみに当社の“手のひらサイズのウレタン加工”は③の加工方法です。



関連のありそうな記事 ぜひこちらもご覧ください!

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文
 


ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ・お見積もりはお気軽に!
ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ

ウレタンゴム加工110番特急便

最新のコメント