ウレタンゴム加工会社 2代目社長の挑戦ブログ

2012年12月16日
ウレタンゴムライニングのハガレ対策について考えます。

①ブラスト処理の不足
ブラストを行う理由と致しましては
表面(ウレタンゴムがライニングされ
る)の表面積を上げると云うことが
最大の理由です。
ウレタンが付く面積が上がれば
当然グリップ力が上がります。

②脱脂不足
サンドブラスト後の脱脂も行えて
無いのか、又、鉄は内部に気泡を
含み易く、従って水分も含み易い
ので、蒸気脱脂が好ましいです。

③接着剤塗布の不足
通常2〜3回のハケ塗りが好ましい
接着剤の濃度に注意すべきです。

こういう事に気を付ければ、
ハガレの問題は改善されると言えます。


関連のありそうな記事 ぜひこちらもご覧ください!

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文
 


ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ・お見積もりはお気軽に!
ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ

ウレタンゴム加工110番特急便

最新のコメント