ウレタンゴム加工会社 2代目社長の挑戦ブログ

2019年07月26日
ブラスト処理で色々試してみました。

当社は、注型ウレタンゴムの加工業です。

主に、ウレタンゴム単体品(型モノ)と
ウレタンゴムライニング品(焼き付けモノ)

 

の二種類があります。

 

対比的には昔は

ウレタンゴムの型物が2~3割
ウレタンゴム焼き付けモノが
7~8割

でした。

 

 

現在は
ウレタンゴムの型物が3~4割
ウレタンゴムの焼き付けモノが
6~7割

 

になっています。

 

そんな割合に
成って来ている

ウレタンゴム加工の
立成化学です。

 

そのウレタンゴム焼き付けモノ
に絶対必要なモノが

 

ショットブラスト処理なのです。

 

 

ショットブラスト処理とは


ウレタンゴムがライニング
される芯金や金具や鉄板

などの表面を荒らす事を
言います。

それにより、金具の表面積が
大きく成り、ウレタンゴムの

接着強度が上がるのです。

 

 


上記の様なブラスト機械で
ショットブラストは行います。

 

今回は、とある缶コーヒーの
ボトルをショットブラスト掛けたら

 

どうなるか!?

 

という研究をしてみました。

 

最初の缶コーヒーボトルです。

 

 

すいません。。。
折角のオシャレな缶でしたのに。

 

 

最初は、少し恐る恐るしてみました
ので、ストレート部分だけです。

 

上記のショットブラスト加工は
実は、私がやりました。

 

その後、専門家にして頂きました。

 

ショットブラスト歴
約10年のベテランさんです。

 

 

いかかですか?

 

綺麗にすべての面に
ショットブラストが

 

当たっています。

 

やはり、プロフェッショナルですね。

 

 

今は、この様なお仕事は
ございませんが

 

これから、

 

ショットブラストのみ
して欲しい

マスキングをして欲しい

 

というお仕事もどんどん
お受けいたしますので

 

お気軽にお声掛けくださいませ。

 

さて、このショットブラストの
素晴らしさを

 

どこから聞きつけたのか
分かりませんが

 

先日、来日したばかりの
外国人の方も

 

欲しいと言って当社に
来られました。

 

そのお陰が
早速、フェンスを越える
お仕事で皆様に

 

褒められておられました。

 

 

気に入って頂いたのですが


まだ、1本しか
ショットブラスト缶が

ありませんでしたので

 

サイン(笑)だけして頂きました。

 

そら~手

 

お読みいただき、
誠にありがとうございました。

 

 

 


関連のありそうな記事 ぜひこちらもご覧ください!

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文
 


ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ・お見積もりはお気軽に!
ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ

ウレタンゴム加工110番特急便

最新のコメント