ウレタンゴム加工会社 2代目社長の挑戦ブログ

2010年04月22日
製品実績にプレス加工についてをUPしてみました。

ウレタンゴムのプレス加工について考察させて頂きます。


注型ウレタンゴムという加工法は、
基本的に常圧状態で行います。


常圧状態という言葉は、あまり使われない言葉
かもしれませんね。

 

常圧状態というモノは、大きく分類しますと
大気圧の中で行うという事になります。


ウレタンゴムと言う位ですから、
当社で扱っています材料は
一般的にはゴムの
範疇(はんちゅう)に入ります。


ゴム=合成ゴムの製造方法の
基本はプレス(圧力を掛ける)成型に
なりますね。


その一方、当社が行っております
液状注型ウレタンゴムの成型方法は


殆どの場合、プレス(圧力を掛ける)する
事はございません。

 

しかし、液状注型ウレタンゴムの成型の
場合でも、形状的にプレスをしないと
出来ないモノがございます。


一例を挙げますと
ウレタンゴムに丸穴が開いてるとか
の場合はプレス加工を致します。



勿論、普通に注型ウレタンゴムの成型を
して後加工により穴を開けるという
選択肢はございます。



しかし、後加工費という費用が
製品代に乗って来ますので

それなりのコスト増になります。


当社が行っています
プレス成型にての

注型ウレタンゴムの成型は
その後加工による費用が

発生する事なく
お客様がご要望の品物を

提供する事が出来ます。

 

物性的にも、圧力を掛ける事で
ウレタンゴム製品の密度が上がる
事により


抗張力がアップする事になります。

又、別の記事でその数値も
お知らせしたいですね。


当社は、その様な注型ウレタンゴムの成型に
関し色んな方法を

50年間愚直に

仮説→実験→検証を
繰り返しております。

 

一度、こんな製品なら
注型ウレタンゴムのプレス加工で

試したらどうなるだろうと

思われましたら、是非一度当社に
お問合せ下さいませ。

 

何卒、宜しくお願い致します。

 

 


関連のありそうな記事 ぜひこちらもご覧ください!

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文
 


ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ・お見積もりはお気軽に!
ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ

ウレタンゴム加工110番特急便

最新のコメント