ウレタンゴム加工.com

新着情報&ブログblog

2022.11.29もしジャイアント馬場さんが3S検査員で来られても大丈夫!?

今回もコチラのウレタンゴム加工.COMのHP並びに
ブログにお越しくださり誠にありがとうございます。

当社!株式会社立成化学工業所は
ウレタンゴム加工販売を53年行って来ましたので注型ウレタンゴム加工に関しては
他社に負けない、経験や知識があると考えています。


ウレタンゴム加工で見積もりをご依頼される時は同時に3社に相見積もりを取ってくださいませ。

ただし、その一つに創業53年ウレタンゴム一筋の株式会社立成化学工業所
を加えて下さいませ。

当社は注型ウレタンゴムの加工業です。世間的にはウレタンゴムの注型屋!と呼ばれていて
注型という言葉が示しますように金型に液状の注型ウレタンゴムを注ぎ込みます。

そうなのです。金型に注ぎこむウレタンゴムは固形ではなく、液状なので本当に
色んな場所が汚れて来るのです。この神戸市西区の工場(こうば)に来て約30年程経過しますので特に床などは
汚れがこびりついています。3S活動を本格的にし出したのはこの12~3年前からですのでその前の17~8年
は放置状態でしたので致し方ないです。


しかしながらそれ以外の所は日々3S活動を行っていますので本当にピカピカになって来ました。
本当に日々の積み重ねは大きいなと感じております。以下の写真が注型ウレタンゴム屋の立成化学工業所の
ピカピカな所です。

 

 

 

 

如何でしょうか?この光景は大掃除にしたモノではありません。年間365日この場所(高さ2m前後)恐らくこの高さの所が
ピカピカになってます。ウレタンゴム加工の当社株式会社立成化学工業所に、仮に故ジャイアント馬場さんが3S指導員として来られて
指でサッとなぞっても、ジャイアント馬場さんの指に埃が付く事はないと思われます。

何故、この様な場所まで綺麗にしてるかと申しますと。当社の場合、工場(こうば)の屋根が低いので
ショットブラストする所、ウレタンゴム注型する現場、ウレタンゴム研削・研磨する場所の上の屋根に付いてる
埃などが落下しやすい状況です。

屋根の埃が落下して、液状注型ウレタンゴムの原料の中、またショットブラストされる金具(鉄芯)などに屋根の埃が
付着する可能性がございます。それはつまり、お客様からご注文頂きました製品の品質低下に繋がる訳です。


そうならない為にも、自分の目線よりも上の所を綺麗にする事が必然だと思われます。ココまで綺麗にしなくても
という所まで注型ウレタンゴム加工の当社株式会社立成化学工業所は3S活動を行っています。

勿論、全てはお客様からのご注文下さいました製品の品質向上の為であります。そんな地道な取り組みを日々行っております
ウレタンゴム加工.COMこと株式会社立成化学工業所をどうぞ宜しくお願い致します。

 


今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

関連のありそうな記事

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文

ウレタンゴム加工のことなら何でも!
お問い合わせ・お見積もりはお気軽にどうぞ!

受付9時〜18時(休み:土日祝)078-927-5112  078-927-5114
© 2023 株式会社立成化学工業所
TOPへ