ウレタンゴム加工.com

新着情報&ブログblog

2010.04.08そもそもポリウレタンゴムとは何か?

ポリウレタンゴムとはエラストプラスチックな物質です。

これは、弾性的(エラストメリック)
或いは可塑的(プラスチック)な用途に用いられる
ポリマー(高分子物質)の事を言います。

ポリマーとは沢山のモノマーが重なり合って出来た物質とも言えますね。


エラストマー(弾性体)といのは、力を加えると非常に良く伸び、力を取り去ると直ちに元へ
戻る物質を言います。プラスチック(可塑的物質)は高温で軟らかくして
成形出来、室温で硬くなる物質です。

この弾性体と云うのがミソです。良くお客様からご注文頂く図面の中に機械的な公差が
入っています。その公差は(Φ20)の〇モノでしたら20±0.03という表示があります。
その場合OKの寸法はΦ19.997~Φ20.003までになりますね。

しかしながら、我がウレタンゴム加工の立成化学工業所が扱っているウレタンゴムは
弾性体です。いわゆる伸びたり縮んだりするモノです。勿論、熱膨張などもあり
アルミ等の鉄部品とは違う公差になる事を知って頂きたいです。



つまり、ポリウレタンゴムは軟らかい部分と硬い部分の
両方の性質(セグメント)を持ち合わせるポリマーです。


急になぜこの様な事を言うかといいますと先日、あるお客様から聞かれましたので・・・
ウレタンゴムとポリウレタンの違いについて!をね。


他の方もこのような疑問があるかな?と思い投稿させていただきました。

有り難うございました。

関連のありそうな記事

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文

ウレタンゴム加工のことなら何でも!
お問い合わせ・お見積もりはお気軽にどうぞ!

受付9時〜18時(休み:土日祝)078-927-5112  078-927-5114
© 2023 株式会社立成化学工業所
TOPへ