ウレタンゴム加工会社 2代目社長の挑戦ブログ

2014年05月10日
どうしてウレタンゴムを扱うように成ったのかじっくり考えてみる。

当社(立成化学工業所)は、この8月1日が来ると、創立45周年に成ります。

会社の設立の発端は、先代(私の父)が立命館大学の理工学部を卒業して

とある商社さんに入り、ウレタンゴム(アジプレン)を販売してた所から出発

しています。昭和34年に立命館大学を卒業して

10年間は商社マンとして色んな物を売ってたらしいです。その中の一つとして

ウレタンゴムの原材料が有りました。当然、車の販売員さんが車の勉強をされたり

電気屋さんが電気製品の事を勉強したりするように、先代もウレタンゴムの事を

一生懸命勉強して、お客様に販売されていたらしいです。しかし、高度成長期

にも関わらずそのウレタンゴムはなかなか売れなかったらしいです。どうしてなのか?

こんだけ耐摩耗性も良いし、抗張力も有るのに・・・

そうだ、これだけ良いウレタンゴムだ!!買って貰えないと云う事イコール扱う人(製作する人)

が居ないので競争が激しくなさそうでモノに成るかもしれない!!

そう命館大学を出てウレタンでモノにる!!んだと!!ってことで。

立成化学はスタートした。それから、45年ホンマに山あり谷あり有った。。。

このテーマはもっと深く考えてみよう!!

どうしてウレタンゴムを扱うように成ったのかじっくり考えてみる。 - ウレタンゴム加工


関連のありそうな記事 ぜひこちらもご覧ください!

1件コメントがあります

  1. FelipeHairl より:

    Острова Джеймса Бонда, Экскурсия на Джеймс бонда – Фридом Пати , пенная вечеринка на яхте, Рынок сувениров на Пхукете

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文
 


ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ・お見積もりはお気軽に!
ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ

ウレタンゴム加工110番特急便

最新のコメント