ウレタンゴム加工会社 2代目社長の挑戦ブログ

2015年01月09日
ウレタンゴムの加工について考察してみます。

ウレタンゴムは現存する弾性体の中で最も耐磨耗性、耐荷重性の有る

エラストマーで有り、耐熱性(常時80度以下で実用)以外、欠点は見当たらない。

最近は、80度以上でも実用できるウレタンも出て来ている。只、かなり高価になるが。

加工方法により分類すると次の3種に整理される。

1、混練タイプ(ミラブルタイプ)

  従来のゴムと同様に加工出来るが、エステル系が主体なので加水分解をおこし

  弾性を失う。又、練生地のスコーチ(焼け)にも問題あり、特に湿気の有る

  夏場は敬遠される。(ウレタン硬度60~90度)

2、熱可塑型(サーモプラスチックタイプ)

  プラスチック同様な加工方法を取り、射出成型、抽出成型等が可能であるが

  1点当たりの注文数量が多くないと、金型の高価さと相まってペイしない事が

  多い。(ウレタン硬度70~100度)

3、液状注型(キャスタブルタイプ)←当社のウレタン加工です。

  上記1、2に比べると生産性は劣るが、大きなものから小さなものまで、又

  かなり複雑な形状の物まで製造でき、最もバランスのとれた物性を有する。

  又、原料樹脂の管理もなるべく早く使いきるか、一斗缶を小分けして保管すれば

  それ程問題は無い。(ウレタン硬度25度~100度)

3つに分けた分類の中で、当社は3番目のキャスタブルタイプでウレタン加工を行っています。

故に、小ロット多品種が得意で有り、ウレタンの有する耐磨耗性、耐荷重性という物性には

絶対的な自信を持っております。納期も、ロボットツメライニングやウレタンローラー等

少量(5個~10個位)でしたら、中2日くらいでウレタン加工を施して送り返すことが可能です。

その時の現場の状況にも拠りますが。。。

キャスタブルタイプのウレタン加工を行っている立成化学工業所をどうぞ宜しくお願い致します。

ウレタンゴムの加工について考察してみます。 - ウレタンゴム加工

ウレタンゴムの加工について考察してみます。 - ウレタンゴム加工


関連のありそうな記事 ぜひこちらもご覧ください!

  • 本日のミッション!!2015年11月29日 本日のミッション!! 当社はウレタンライニング加工の会社です。 ウレタンライニングとは、簡単に言えば金具にウレタンをくっ […]
  • エンジンマウント2015年11月26日 エンジンマウント 現在、色んなエンジンマウントのお仕事をさせて頂いておりますが 中には加工不可のモノがございます。申 […]
  • ウレタンボールとマスコット2015年11月27日 ウレタンボールとマスコット ウレタンゴムでボールを製作してみました。 軟球より硬く、硬球より柔らかいでしょうか。 反発弾性はえ […]
  • 展示会の有り方2015年9月12日 展示会の有り方 当社は、この度、国際フロンティア産業メッセ2015に出展しました。   そこで、当社は明確な一 […]
  • 当社は履歴を追っていけます。2015年9月25日 当社は履歴を追っていけます。 当社は、ワンロット毎にテストピースを取っています。   それを一年間保管しており、履歴を追える […]

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文
 


ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ・お見積もりはお気軽に!
ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ

ウレタンゴム加工110番特急便

最新のコメント