ウレタンゴム加工.com

新着情報&ブログblog

2022.01.192022年!年始早々ウレタンゴム加工.COMは忙しい。。。

今回もコチラのウレタンゴム加工.COMのHP並びに
ブログにお越しくださり誠にありがとうございます。

当社立成化学工業所は
ウレタンゴム加工販売を52年行って来ましたので注型ウレタンゴム加工に関しては
他社に負けない、経験や知識があると考えています。


ウレタンゴム加工で見積もりをご依頼される時は同時に3社に相見積もりを取ってくださいませ。


ただし、その一つに創業52年ウレタンゴム一筋の株式会社立成化学工業所
を加えて下さいませ。

 

私達のお仕事は液状注型ウレタンゴムです。その中で大切なのが
物性!です。しかし、物性を測定する機械が社内にはないので
何で測定するかと言いますとウレタンゴム硬度です。

お客様が望んでおられるウレタンゴム硬度が私たちが
作るウレタンゴム注型品と同じ硬度なら
実際、お客様がウレタンゴムを選んでくださった意味が
あると言えます。

そのウレタンゴム硬度を測定するのは私達は
テストピースと呼んでおります。そのテストピースは
液状注型ウレタンゴムを流す(成型する)際に毎回毎回製作いたします。

よって自分たちが成型(注型)した製品のウレタンゴム硬度の答え合わせ
になります。毎朝7時にそのテストピースを測定するのが私の仕事です。

 

 

2022.1.18に成型(注型)したテストピースです
3人の職人さんでこのテストピースの多さ❣
素晴らしいです。このテストピースの多さを見ていると
お仕事の充実ぶりが伺えます。

 


このテストピースを一個一個
校正された硬度計で測定してOKかNGか?を判断します。
お客様の要求したウレタンゴム硬度が測定出来ないと
破棄かもう一度やり直します。

ウレタンゴム単体モノは破棄で、ウレタンゴムライニングモノは
もう一度ショットブラスト処理からやり直しです。

 


コレだけ色んな種類のウレタンゴム硬度・物性を扱っている
我々はウレタンゴム製品の品質には自信を持っています。

まだまだウレタンゴムライニング品などは
受け入れ可能ですのでどんどんお仕事のご依頼をお待ちしております

本日もお読み頂きありがとうございました。

関連のありそうな記事

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文

ウレタンゴム加工のことなら何でも!
お問い合わせ・お見積もりはお気軽にどうぞ!

受付9時〜18時(休み:土日祝)078-927-5112  078-927-5114
© 2022 株式会社立成化学工業所
TOPへ