ウレタンゴム加工.com

新着情報&ブログblog

2022.12.27不適合品は根元から絶たなきゃダメ!?

今回もコチラのウレタンゴム加工.COMのHP並びに
ブログにお越しくださり誠にありがとうございます。

当社!株式会社立成化学工業所は
ウレタンゴム加工販売を53年行って来ましたので注型ウレタンゴム加工に関しては
他社に負けない、経験や知識があると考えています。


ウレタンゴム加工で見積もりをご依頼される時は同時に3社に相見積もりを取ってくださいませ。
ただし、その一つに創業53年ウレタンゴム一筋の株式会社立成化学工業所
を加えて下さいませ。


当社のお仕事も今日明日を残すのみとなりました。2022年の一年間もコチラのブログを
お読みいただきまして誠にありがとうございました。来年度2023年も何卒ウレタンゴム加工.COM
をご贔屓にして頂ければ幸いでございます。

 

さて当社の注型ウレタンゴム加工、いや製造業全般にとりまして製品の不適合品を如何に無くすかが
日々の生産活動の中で一番の重要課題になっております。製造業らしい言葉で言いますと
歩留まりを向上させるにはどの様な活動をすべきかが、私共の様な零細企業では大命題になってきます。


その為に色んな施策を工場(こうば)の中で打って行ってます。本当に言い方に語弊を承知で言いますと
あの手この手猫の手を使い歩留まりを向上させています。其れでも出てしまうのです不適合品が製造業では。
ある意味製造業をやっている間は仕方ない事かもしれません。

しかしその不適合品を外に絶対出してはイケない!という気概でウレタンゴム加工.COMの立成化学工業所は
生産活動を行っています。その最後の砦(とりで)が仕上げ検査工程です。其処を緩く扱ってしまいますとお客様にご迷惑を
お掛けしてしまいます。

勿論。。。検査はハズキルーペを使用して細かい傷やエアーを見逃さないです。私のマジックハンドwを使用して
検査仕上げ工程を行っております。

 



こうする事によりウレタンゴムローラーの外周の傷・エアーだけではなくウレタンゴムローラーの
端面の傷・エアーも見逃したりしません。

勿論、未検査品のウレタンゴムローラと完成品のウレタンゴムローラーの入っている
バスケットも他の誰もが識別出来る様に色や大きさを変えております。



この様な工夫を凝らす事によりお客様に不適合品を絶対送らない!という気概でウレタンゴム加工.COMの
立成化学工業所の全社員は生産活動を日々送っております。

もう2022年も終了となりますが、この気概は2023年、2024年と当社ウレタンゴム加工.COMの
立成化学工業所がある限り続けて行きます。


 

関連のありそうな記事

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文

ウレタンゴム加工のことなら何でも!
お問い合わせ・お見積もりはお気軽にどうぞ!

受付9時〜18時(休み:土日祝)078-927-5112  078-927-5114
© 2023 株式会社立成化学工業所
TOPへ