ウレタンゴム加工.com

新着情報&ブログblog

2024.06.24コンプレッサーの重要性!を再認識する注型ウレタンゴム屋!?

皆様!こんにちは。ウレタンゴム加工.COMのホームページの管理人と
共に注型ウレタンゴム屋の立成化学の経営をしています畠中浩と申します。
本日も当社(工場)で起こった出来事をなるべく皆様のお仕事のお役立ちすべく
記事にしてお届けしたいと考えております。本日もどうぞ宜しくお願い致します。

私共の会社(工場)は当然ながら製造業です。よって上記のタイトルにて紹介して
います機械!コンプレッサーはフルに現場仕事で使用いたします。どの製造業様
の工場にもこのコンプレッサーという機械が無ければ恐らくお仕事は成り立たな
いのでは!?と思う位重要な機械です。

 

ココで少し余談になりますことお許しくださいませ。私は約四半世紀前(27年)にこの
ウレタンゴム加工の立成化学工業所に来るまでは勿論!コンプレッサーという
機械は知りませんでした。何故なら。。。次の3つの観点で私はそれまで生きて
来たからなのです。

 

  1. モノづくりには程遠い学生生活
  2. 完全な営業仕事を主とした社会人生活
  3. バイクや車には全く関心のない趣味の生活

 

この様な感じで注型ウレタンゴム屋に先代社長の息子として入社して来た私には
コンプレッサーという機械は知る由もなかったのです。しかし、ココの工場に
来てからは嫌というほどコンプレッサーという機械の恩恵に預かって来ました。

 

当社注型ウレタンゴム屋にとっての、コンプレッサーの役割は一体何だろうか!?
と考えました。私が思いついた点は以下の3点です

 

  • 金型(熱盤とも言う)の熱伝導を阻害する(ウレタンゴムの)バリの除去
  • 金具(鉄芯とも言う)の錆止めに塗られた油を溶剤で洗浄した後の拭き取り
  • 熱盤のヒーターに付着したバリの除去(オーバーヒートしない為)

 

恐らくもっともっと使い道はあるはずです。余談ですが、私の子供が小さい頃は
エアーを子供に向かって吹いていると、キャッキャッっして喜んでいました。

 

其れほど、製造現場で役立っていますコンプレッサーが先週の土曜日にブレイクダウン
してしまい、注型ウレタンゴム加工が半日stopする事態が起きました。何にも出来ない
んですよね。コンプレッサーが止まると。其処で、急遽電気屋様に来てもらい復旧の
お手伝いをして貰いました。其処で、理由を聴くとやはり大切な事を私達がしていなかった
事が判明しました。其れは。。。

 

コンプレッサーの点検とドレンの掃除!

 

という事を疎かにしていたことが判明。電気屋様に修理して貰った後から、コンプレッサー
の点検と手入れを頻繁にするようにしました。そうするとやっぱり普通に動き出しました。
コレは、何処かで聞いた(勉強した)事がある事例と一緒だなっと。

 

「7つの習慣」の根幹を成す考え方にP/PCバランスという概念があります。

概念の定義から説明すると、目標を達成し、P:成果(Performance)を得る
ためには、PC:目標達成能力(Performance Capability)またはそれを可能にする
資源が必要になるというものです。

仕事で何か素晴らしいアイデアを出す(Performance)には、適切な情報や知識のイン
プット(Performance Capability)が不可欠ですし、いくらインプットを続けても
(Performance Capability)その内容をアウトプットしなければ(Performance)、ビジネス
の価値創出にはつながりません。

精魂つめて仕事をし、成果を出すことに集中すること(Performance)も大事ですが、
定期的に自分の能力を高めるための時間や適度な休息(Performance Capability)はより
仕事の質を高めることにつながります。

ビジネスとプライベート双方において、この成果を出すこと、そして目標達成能力を
伸ばすことのバランス、つまりPとPCのバランスが重要なのです。

この概念を紹介する話として、イソップ寓話の「ガチョウと黄金の卵」が有名です。

ある農夫がある日、飼っていたガチョウが巣に産んだ卵を回収しようとしたら、きらりと
光る卵を発見しました。よく調べると黄金の卵でした。

最初はイタズラかとも考えましたが、そうでもなさそうです。次の日も次の日も、ガチョウ
は黄金の卵を産み続けたのです。

やがて農夫は大金持ちになります。そしてだんだんせっかちになりました。1日に1個
しか生まれない黄金の卵が待ちきれず、ついにガチョウを殺して、一気に腹の中の卵を手に
してしまおうと考えたのです。

しかし腹を割くと… 腹の中は空だったのです。彼は黄金の卵を手に入れる手段すら失って
しまったのです。

 

上記の7つの習慣に出て来ますPとPCバランスが大切だという話し。まさしく其れだった
のです。コンプレッサーをどんどん使い良いウレタンゴム製品を作ろうとしていた立成化学
工業所。その利益を生み出すコンプレッサーという機械の能力を高める為の時間や適度な
休息(修理や手入れ)をしていなったんだと痛感しました。

 

私達、注型ウレタンゴム屋という製造業を生業にしている立成化学工業所は色んな機械に
囲まれております。しかし、その機械の能力をフルスロットルで使用しようとして能力
以上の事を望もうとしてしまっているのは事実です。ココは上記の7つの習慣に則って、
機械の能力を高める為の時間を存分に取らなければと感じました。

 

勿論、コレは機械だけの事だけではなく、現場で働いている社員さんもしかりです。適度
な休息を取って頂き、最大限のパフォーマンスを発揮して貰える様にコチラ(会社側)は、
配慮して行かなければ
と思った次第です。

 

今後とも、人にも機械にも優しい!ウレタンゴム屋を目指して行きます。何卒、宜しく
お願い致します。本日もお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

関連のありそうな記事

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文

ウレタンゴムローラー復活サービス 古くなったゴムローラーを巻き替えします

ウレタンゴム加工のことなら何でも!
お問い合わせ・お見積もりはお気軽にどうぞ!

受付9時〜18時(休み:土日祝)078-927-5112  078-927-5114
ウレタンゴムのことならお問い合わせください!
ウレタンゴムローラー復活サービス 古くなったゴムローラーを巻き替えします
© 2024 株式会社立成化学工業所
TOPへ