ウレタンゴム加工.com

新着情報&ブログblog

2012.02.19今から、ウレタンゴムライニングを致します。

当社立成化学工業所は
注型ウレタンゴム加工を生業にして
50年が経過しました。

ただ愚直に注型ウレタンゴム加工だけに特化して
商売を50年行ってきましたので

注型ウレタンゴム加工に関しては
他社に負けない、経験や知識があると
考えています。

ウレタンゴム加工で見積もりをご依頼される時は
3社に相見積もりを取ってくださいませ。

ただし、その一つに
創業50年ウレタンゴム一筋の立成化学工業所
を加えて下さいませ。

 

 

さて、本日はウレタンゴムライニング品の
お仕事です。

 

ウレタンゴム硬度は50度です。

下記の図面に沿ってお仕事を行います。

写真の上記に載っています金具の先に
硬度50度のウレタンゴムのライニング品です。

こちらは、ウレタンゴムの先がストレートに
なっていますので

注型ウレタンゴム加工のみで完成いたします。

 

 

 

このウレタンゴム硬度50度のライニング品の
製造工程を今一度お知らせいたします

 

 

  • 金具の受け入れ 脱脂処理
  • 金具のウレタンゴムライニング部分に
    ショットブラスト処理にて
    ウレタンゴムがライニングし易い様に
    表面を荒らす
  • 金具の表面を接着剤処理
  • 金具を加温された熱盤にセットされた
    注型治具にセットする
  • 注型治具と金具の隙間に注型ウレタンゴムを
    流し込む
  • 加温されている熱盤の上の金型内にて
    一次加硫を行う
  • 所定の時間でウレタンゴムが硬化そのご脱型
    して加硫炉に投入
  • 加硫炉にて所定の温度・時間を掛け二次加硫を
    行う
  • 加硫炉から取り出し、仕上げ・検査処理を行う
  • お客様に出荷・納品を行う

 

このブログをご覧になられる方は
ある程度ウレタンゴムを知っておられると
感じ

 

  1. 加硫(かりゅう)
  2. 脱型(だっけい)
  3. 治具(じぐ)

 

などという言葉を使用させて頂きました。

 

 

もし、少し表現が難しいと仰る方は
是非、当社ウレタンゴム加工の立成化学工業所の

 

代表の畠中浩まで直接お電話下さいませ

 

 

神戸078-927-5112です。

 

 

24時間ウレタンゴムの事だけを
考えていますので

 

貴方様のお役に立てると信じています。

 

 

宜しくお願い致します。

 

 

長文をお読みいただき誠にありがとうございました。

 

 

 

関連のありそうな記事

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文

最新のコメント

ウレタンゴム加工のことなら何でも!
お問い合わせ・お見積もりはお気軽にどうぞ!

受付9時〜18時(休み:土日祝)078-927-5112  078-927-5114
© 2020 株式会社立成化学工業所
TOPへ