ウレタンゴム加工会社 2代目社長の挑戦ブログ

記事一覧

2014年02月27日

ウレタンの粘度について。

良く現場で交わされる会話です。

Aさん・・・先輩  Bさん・・・後輩

Bさん「この原料、撹拌しにくいですわぁ(>_<)」 Aさん「そうかぁ!?。所で、そのウレタン原料って何系や!?」 Bさん「何系って・・渋谷系とかアキバ系とかですか?」 Aさん「ウレタンの〇〇系と言えば、ウレタンエーテル系かウレタンエステル系    に決まっとるやないか。。。」 Bさん「エステル系です!!」 Aさん「ウレタンエステル系か!?そら、ウレタン原料撹拌しにくいはずや。    ウレタンエーテル系の原材料に比べて2倍ほど粘度が高いからね。    因みに、ウレタンエーテル系の粘度の平均が1000mpasで、        ウレタンエステル系の粘度が2200mpasやからな」    「それと、その粘度の基準はウレタンの原材料が80度の時やから     その温度は守るようになぁ!!」    「付け加えておくと、水が1mpas(20℃)でケチャップが1800で          とんかつソース640でマヨネーズは8000位やで。」 Bさん「勉強に成りました。有難うございました。注型ウレタンで気を付けなければ    イケないのは原材料の温度ですね。」 以上。立成化学の現場からお伝えしました。 ウレタンの粘度 - ウレタンゴム加工


2014年02月26日

当社は、ウレタン加工業です。

加工業、所謂製造業です。何かモノを作る場合完璧っていう事は有り得ません。

当然、不適合品を出してしまったりすることが有ります。

そんな事が有って、お客様と良く話す内容を取り留めも無く書いていきます。

お客様「ウレタン製品に何か黒い点が製品に入っていますよ」

当社「すいません。それは異物(ゴミ)ですね。当社のような注型ウレタン工場は

   無菌室で作業をしている事は稀で(もし、注型ウレタン加工業のみを生業に

   している会社様で、一定の温度・湿度でやっている会社様が有れば教えて欲しいです)

   コンクリートの打ちっぱなしの床で、空中のゴミは避けられないので(作業的に取り除く

   工夫はしています)どうしても入ってしまいます。検査の段階で出荷しない様に
  
   気を付けます」

お客様「ウレタン製品の上の部分が、表面が引っ張られてモヤモヤって成っていますね。

    これはどうゆう現象ですか!?」

当社「すいません。そのウレタン製品の加工方法は、注型ウレタンのプレス加工品なんです。

   ウレタン製品の形状的にプレス加工でしか出来ないのです。

   それと当社のウレタン製品は液状のウレタン製品で熱硬化型なので、熱盤の上に

   有る金型内で熱硬化して、ベストなタイミング(2000~3000Cps→センチポイズ)で

   プレスをしないと上手く製品に成らないのです。その多少のタイミングのズレが

   ウレタン製品の表面に出て来るんです。その、粘度を表す2,000~3,000CPsを当社では

   測る機械は持っていないのですいません。職人仕事で、職人の勘としか言いようが

   有りません。熱盤の温度は一定・金型の温度も一定・ウレタン材料の温度も一定

   ウレタンの撹拌の時間も一定にしていますが、外気の温度・湿度がその時々に

   よって刻々と変化するので。申し訳ございません」

   っというやり取りを良く致します。

   ウレタンの加工に一番関連が有るのが、温度の影響・湿気の影響か有ります。

   ここを一定に出来るほど、ウレタンの需要が無いと云う事ですかね。

   次回は、ウレタンの粘度について考えてみたいです。

   閑話休題 - ウレタンゴム加工


2014年02月20日

ウレタンゴムの従来のエステル系と言えば、アジピン酸エステル系が有ります。

このエステル結合は、(COOH-(CH₂)₄-COOH)です。

現在は、そのアジピン酸エステルより耐水性が改善されたエステル系が

上市されています。

そのエステル結合はカプロラクトンエステル結合です。

この結合は、(-OC-(CH₂)₅-0-)です。

特に使用する場所の湿潤状態が酷くなければ、カプロラクトンエステルでも

充分問題なしで有ります。

又、一般に、-(CH₂)₂-、-(CH₂)₃-、のようにC(炭素)が3つ以下のものは親水性で

有り、-(CH₂)₄-、-(CH₂)₅-、のようにC(炭素)が4つ以上のモノは疎水性で有る。

疎水性とは・・・水に溶解しにくく、水と混ざりにくい性質である。

親水性とは・・・水に溶解しやすく、水と結びつきやすい背質である。

故に、ウレタンエーテル系は親水性で、ウレタンエステル系は疎水性と言えるでしょう。

エステル系の耐水性 - ウレタンゴム加工


エステル結合(-COO-)は。高強度を持ち合わせてる。エステル系ウレタンは、大きな

強度を持ち、耐容剤性、耐油性に優れている(あくまでもエーテル系ウレタンと比べて)。

しかし、低温特性には優れていない(ガラス展移点(Tg)が高い)

又、耐水性にも優れていない(あくまでもエーテル系ウレタンと比べて)。

ーCOO-+H₂O=COOH(酸)とOH(アルコール)に分かれて加水分解しやすいと言われてる。

エーテル結合(-O-)は屈曲性に優れている。又、耐水性にも優れていて

尚且つ低温特性にも優れている。(ガラス展移点(Tg)が低い)。

しかし、強度や耐容剤性は劣っている(あくまでもエステル系ウレタンと比べて)

その使われる場所によってエーテル系ウレタンとエステル系ウレタンは使い分けするのが

ベストだと思われます。

エステルタイプとエーテルタイプの違い - ウレタンゴム加工


当社は、立成(りっせい)化学(かがく)という会社名となので、

ある程度(ある程度かいっ!!とは言わないで下さいね。)知っておかないと

いけない。しかし、当社の先代は、大学の理工学部(化学科)を優秀な成績で

卒業したので、元々良く理解してたのですが、二代目の私は、

大学の社会学部(何してたんでしょ?)を卒業したので、化学の知識は

この会社来てからのモノです。

で、分子だの原子だの、高分子、多孔体などの言葉もこの会社で詳しくなりました。

そこで、結合の手!!って言うのをご存知でしょうか!?

皆、原子は単独で存在してるのではなく、他の原子と共存共栄してるのです。

水素(H)は1つ、酸素(O)は2つ、窒素(N)は三つ、炭素(C)は4つ。

この4つの原子は、ウレタンゴムでは特に重要なのでこの会社に来てすぐ覚えました。

ウレタン注型では、~NH²(アミン)←硬化剤。NCO(イソシアネート)←プレポリマー(原材料)

を使用するのです。

この中にはこの4つの原子しか含まれていないので、ウレタン注型される者には必須です。

ウレタンゴムを必要とされるのは、形とか外観も必要なのだが物性も十分考慮されていると

思うので。こういう化学的な考えがウレタン加工業にとっては必要だ!!

明日は、どうしてウレタンゴムの物性が優れているのかを述べたいと思います。

原子も人間も一人じゃ生きられない!! - ウレタンゴム加工


ウレタンゴムって何が良いんですか?って。

はい。耐摩耗性が抜群なんです。繰り返し使われる所にはウレタンゴムが最高です。

特に、当社がしている液状ウレタンゴム(キャスタブルウレタン)が良いです。

物性が良いです。何故なら、当社のような液状ウレタンゴムの製法には

添加物が入って無いからです。素晴らしいモノには、余分なモノが入っていない!

っていうのが基本ですよね。食物しかり。

液状ウレタンゴムには、ウレタンの原材料と硬化剤しか含まれていないのです。

可塑剤、充てん剤、補強剤という添加物が入っていないのです。

それと、結合の仕方が規則正しいのです。その結合については、又明日お話しします。

ウレタンゴムについて質問を受けました。 - ウレタンゴム加工


当社の製品群をビデオにしました。

どうぞご覧になってください。

[video width="640" height="480" wmv="https://urethane-gum.com/uploads/2014/02/ca4e219b12fd4f0e5fb0ef1991d993d7.wmv"][/video]


[video width="320" height="240" wmv="https://urethane-gum.com/uploads/2014/02/f974307c569db8528b71f1b509158d5e.wmv"][/video]


ウレタンゴムの剥がしってどのようにされていますか?

って、ご質問頂く事が有ります。

焼く?っていう事はしません。焼いたら、それを吸ってしまう作業者の身体にも

悪いですし。とうぜん、周りの環境にも悪いので致しません。

ローラーの場合でしたら、旋盤に掛けて、バイトで毟り取る作業を行ないます。

但し、余りにも一度に〇〇〇㎜削り取ると負荷が掛かりすぎて切削物が

飛んでしまう時が有るので危険です。私も、ゴム剥がしを旋盤でした経験が

有り、その時切削物が飛んできて腕を負傷しました。

これは、ある程度まで旋盤で毟り取り、溶剤でウレタンを膨潤させて

ゴム剥がしをするのが良いかと思われます。

もう一つの方法は、ウレタンと接着材の接してる面を破壊ししてしまう方法が

有ります。これも、結構有効的です。

ウレタンゴムの剥がしについて - ウレタンゴム加工


2014年02月04日

当社の仕事は、熱硬化型のウレタン注型加工です。

熱盤の温度を〇〇〇±5度に設定して、金型を加熱し、蓄熱いたします。

その温度っていうのがとても大切で、温度のバラつきに寄って

ウレタン硬度やウレタンの物性に非常に影響してきます。

又、冬場などはどうしても熱を加えててもどんどん放熱しようとするので

温度には細心の注意を払う必要がある。

そこで、この度王将さんの餃子を焼く時みたいに熱を逃がさないように

工夫しようかと考えています。

こんなに美味しそうな餃子が焼けるのも、きっちり火(熱)が行き届いているから…

良い事は見習います。

熱伝導の大切さ。 - ウレタンゴム加工




ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ・お見積もりはお気軽に!
ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ

ウレタンゴム加工110番特急便

最新のコメント