ウレタンゴム加工会社 2代目社長の挑戦ブログ

2019年08月07日
ウレタンゴム硬度50度ローラーの成型方法!

当社は、ウレタンゴム加工屋です。一般的には
ウレタン屋と呼ばれています。

 

主なウレタンゴム加工屋の流れを
おさらいとして

 

説明させて頂きます。

 

今回は、ウレタンゴムローラー50度

 

Φ150(ウレタンゴム外径)

×Φ136(アルミ芯径)

×35H (ウレタンゴムの高さ)

 

というモノをさせて頂きました。

 

 

 

  • ウレタンゴムの原材料を計量する


  • ウレタンゴム原材料に適している
    硬化剤の配合を計算し、投入する


  • ウレタンゴムの原材料と硬化剤を
    攪拌する(混ぜる)


  • 熱盤に金型をセットする(予め)


  • 加温した金型にウレタンゴムを注型する


  • 一次加硫(金型内で硬化 )を施し、完全に硬化したら
    脱型する


  • 速やかに、二次加硫に突入する



  • 二次加硫は一晩行い研削・研磨加工に入る準備
    を整える


  • ウレタンゴム研削・研磨を施す



  • 仕上げ・検査を行う



  • 出荷させて頂く

 

上記の工程はウレタンゴムローラーのモノ
です。

 

ウレタンゴムローラーの場合
ウレタンゴムがライニングされる

 

芯金(金具)というモノが
ございます。

 

 

その芯金の処理も同時並行で
行わないといけません。

 

その工程も箇条書きで
書かせて頂きます。

 

  • 芯金(金具)受け入れ 数量確認

  • 芯金(金具)脱脂処理

  • 芯金(金具)マスキング

  • 芯金(金具)ショットブラスト処理

  • 芯金(金具)接着剤処理

  • 芯金(金具)やきつけ(加温する)

 

この様に、当社で行うウレタンゴムローラーは
上記の様な工程を踏んでいきます。

 

 


鉄芯入荷時はこの様になっております。

 

これは、アルミ芯ですね。

 

このアルミ芯のショットブラスト工程後
の写真を撮り忘れましたので

 

他の芯金の写真を載せました。

 

コレがサラ芯

色が少しクスムでしょ。ショットブラスト
したら。。。

 

 

 

その後、ウレタンゴムの注型作業を
行います。

 

 

ウレタンゴム硬度50度を注型致しました。

 

いつ見ても、内の社員さんのウレタンゴム注型は
美しいですね。

 

 

 

最後に、

ウレタンゴム研削・研磨工程の仕上がり
具合を見て下さいませ

 

微妙なRなのです。

 

しかし、R300が外径に取られています。

 

 

ウレタンゴムローラーという製品を
撮影する前に

 

ウレタンゴムの化学(chemical)の事を
復習してた為

 

化学(chemical)の本が写ってしまいました。

 

 

こういったお仕事はとても
得意にしております。

 

是非、当社にご用命くださいませ。

 

いつも御贔屓に有難うございます。

 

 


関連のありそうな記事 ぜひこちらもご覧ください!

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文
 


ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ・お見積もりはお気軽に!
ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ

ウレタンゴム加工110番特急便

最新のコメント