ウレタンゴム加工会社 2代目社長の挑戦ブログ

2018年10月19日
ウレタンゴムの硬度とは何!?

当社立成化学工業所は
注型ウレタンゴム加工を生業にして
50年が経過しました。

 

ただ愚直に注型ウレタンゴム加工だけに特化して
商売を50年行ってきましたので

 

注型ウレタンゴム加工に関しては
他社に負けない、経験や知識があると
考えています。

 

ウレタンゴム加工で見積もりをご依頼される時は
3社に相見積もりを取ってくださいませ。

 

ただし、その一つに
創業50年ウレタンゴム一筋の立成化学工業所
を加えて下さいませ。

 

では、本題のウレタンゴムの硬度について
お話しさせて頂きますね。

 



ゴムという字が入ってる位なので
弾力があるというのは分かって頂けると
想像しています。

 

弾力にも勿論段階があり、言い方は稚拙ですが
フニャフニャものからカチンカチンのモノまで
ウレタンゴムにはあります。

 

その弾力の示す指標として
ウレタンゴムには硬度というモノがあります。

 

字を読んで分かって頂けると感じますが
硬さの度合いをしめしています。

 

お客様がお求めになるウレタンゴム製品が
使用される場面・場所に拠って
大よその硬度をこちらからご提示させて
頂いております。

 

ある程度参考にして頂けますように
2~3例を挙げて説明させて頂きますね。

 

 

  1. キャリーバックのキャスターの場合

    耐摩耗性が一番求められますので
    硬度は高めの90度~95度程度が
    理想的だと考えます

  2. 緩衝材にウレタンゴムをご使用の場合

    緩衝という事なので、あるモノが傷つかない
    ようにウレタンゴムがクッションの役割を
    果たしますので、上記のキャスターに使用される
    ウレタンゴムより柔らかめの硬度70度前後が
    理想的だと考えます。

  3. 医療用でご使用の場合


    現在、当社が製作させて頂いていて使用が
    医療現場の製品の場合
    非常に柔らかめの硬度45度のウレタンゴムです

 

この様にウレタンゴムでも色んな硬度を
製作する様になりましたのは


このHP(ホームページ)を開設した
2010年頃からです。

 

私の父!立成化学工業所の創業者が
社長で頑張っていた頃は
主に、ウレタンゴムと言えば硬度90度
というのが当たり前になっていました。


又、その他のウレタンゴム以外の合成ゴムの
場合は硬度60度というのが定番でしたね。

 


現在のウレタンゴムの硬度は
上は95~100度
下は5~10度
位に上下幅が大きく成って来ました。

 

 

 

 

当社立成化学工業所
本日(2018年10月19日)は、
3種類の硬度を製作させて頂いております。

 

ウレタンゴム硬度90度、70度、45度。

 

硬度というモノは、数値の高い順から硬化する時間が
速く、お値段も硬化に時間が掛からない分お安くなります。

 

 

で、

 

その後色んな加工を経てウレタンゴム加工品に
成って行きます。

 

下記の写真の展示物のウレタンゴム製品の色の濃さは、
経日変化に拠ってウレタンゴム加工品が
茶褐色に成って行ってます。

 

 

本当は、こんな色です。

 

 

 

経日変化でこんな色に成ります。

 

 

 

この様な色に成ったら、
ウレタンゴムローラーの古ゴムを巻き替えて下さいね。



宜しくお願い致します。

読んで頂き誠に有難うございました。

 

 


関連のありそうな記事 ぜひこちらもご覧ください!

コメントをどうぞ

お名前
メールアドレス
URL
コメント本文
 


ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ・お見積もりはお気軽に!
ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ

ウレタンゴム加工110番特急便

最新のコメント