ウレタンゴム加工会社 2代目社長の挑戦ブログ

記事一覧

2017年10月18日

この工場(こうば)に来て約20年。

当たり前の様に工場にはあるコンプレッサー。

恐らく全国の加工業者様の工場には必ず有ると思います。

鉄を削る鉄工所さんなら必ず金属の削りカスが出るので

それを最後にエアーで吹き飛ばしたりすると思うんです。

その後脱脂して、エアーで溶剤を吹き飛ばしたりしますよね。

当然、樹脂加工の会社さんでも削った後の樹脂が製品に付着してる

と良くないのでエアーで拭いて出荷すると思うんですよね。

当然、我がウレタンゴム加工業者の立成化学でも、ウレタンゴムを

ライニングする金具(鉄芯)を溶剤で脱脂した後にエアーで吹き飛ばす。

又、金型などもゴミ等が付着しないようにエアーで吹き飛ばす。

でも、今回はそんな事でエアーを使った訳では無く、立成化学の

女性の社員さんの通勤用自転車のタイヤのパンクの空気圧が

抜けてたのでここ(立成化学)に自転車の空気入れ無いですよね?

って男性のウレタン注型加工職人さんに尋ねたところ、

現場のエアー入れたらええねん!!っていう事で下の写真の

状況に成りました。

こういうホノボノとした雰囲気が我が社にはございます。

それでも製品はしっかり手間暇掛けて丁寧に製作します。

どうぞ、こんな会社立成化学に是非ウレタンゴム加工品を頼んでみて下さい。

きっと貴方様の会社様も幸せな気分の会社に成ります。

内の会社は皆、和気藹々と幸せな気分でモノづくりをしてますのでね。

ぜひ宜しくお願い致します。

 

 


東京支社での、ウレタン@ひろしの主な仕事は人脈を

広げる事と会社の理念、ウレタン@ひろしの使命を

熟考すること。

それと共に取り組んでいるのが、ウレタンゴム加工品の

新たな市場を作り出すことです。

で、3Dプリンターを使いマスター型製作して尚且つ

ウレタン注型ゴム型を製作して、お客様の試作対応

をしていく事を考えております。

未だ未だ未知数ですが最後は540万円の加工機を

使い色んなゴム型を製作できるようにします。

 


この頃、本当に世知辛い世の中に成って来ましたね。

ウチに、「ウチにしか絶対出来ない!!」っていう技術が

未だ見いだせていないので仕方が無い所だが

何処に行っても「値段、価格、いくら?」っていうお言葉

を言われることが多いです。

又、お仕事を仮に頂いてたとしても数はキッチリ(笑)

昔は192個頂いてたとしても200個!っというご注文を

頂いてたりしてたが、その数がきっちりお仕事依頼で来る

その納品した後で1個とか2個足らなかった~って

いうお話が来たりする。

その時に、ウチも出来るなら195個ぐらいを作ってて

お客様が後から言って来られても対応できる様にしていきたい

ゆとりが欲しいですよね、心にも身体にも。

そんな話を今日、お客様としていました。

これからも、深呼吸してゆとりをもって生活や仕事に

当たりたいと思います。

 


2017年10月14日

一昨日、とある先生から教えを受けて、色々と会社の理念や

自分の使命について考えさせられる事が有りました。

そこで本日は一日掛けて色んな会社さんの理念を

検索してみると大体上手く行ってる会社さんは理念がしっかり

してるように思えました。

今、偽装問題で揺れているKSKさんの理念(約束)を見てみると

信頼される技術・製品・サービスを提供します。

と言うのが1つ目の約束で有りました(3つの約束が有りました)

あっ、この約束破ってるなと思いました。

全ては利益の為かもしれませんが、理念や約束事に反した

企業活動をしているとやっぱりガタガタと崩れ落ちるんだな

と感じました

そこで我が社の会社の理念を振りかえってみると

脆弱 インパクトの無さには 私自身驚愕致しました。

これではダメだと思い、11月1日までは自分の中に深く

落とし込み来年の8月1日はしっかり社員さんと共有します。

宜しくお願い致します。

有難うございます。


2017年10月11日

今回の東京出張で初めて東京での私の営業活動にて

お仕事のご依頼を頂くことに成りました。

他の方からしたら小さな一歩かもしれませんが、

私にとってはとても大きな第一歩です。

実は、今では沢山のお問合せ、沢山のお仕事のご依頼が

頂けるこのHPも最初の一年間は全くお仕事のご依頼は

有りませんでした。しかしながら、3年位経って頂いた

ほんの小さな(価値ではありません、あくまでも金額ベース)

お仕事のご依頼から、色々とお仕事を頂ける様になりました

本当に有難うございます。皆様のお陰で有ります。

東京でのお仕事もココからスタートして色んな方、会社様

にお役立ちしたいと思います。

本当に今回のお仕事のご依頼有難うございました。


ウレタン加工の立成化学はこのHPのお蔭で、色んな引き合いを

頂き、お見積もりをさせて頂いたり、実際のお仕事をさせて

頂いたりします。その時に、見積り書に書かせて頂いたり

納品書に書かせて頂いたりするウレタンゴム製品のお値段は

全てに消費税は含まれておりません。

申し訳ございませんが、お客様には何卒ご理解の方を宜しくお願い

致します。ウレタンゴム加工の立成化学工業所は本日も雨の中

社員さん全員出勤で元気にウレタンゴム加工をさせて頂いております。

いつもご贔屓にして頂き誠に有難うございます。

有難うございます。

 

下の写真は本日の注型ウレタンゴム加工の現場風景です。


わが社に久しぶりに20歳代の新人さんが入社してくれた。

その方が、ウレタン注型加工が理解して頂き易いように、

ウレタン注型の仕事の基本中の基本を皆で棚卸した。

至ってシンプルな事だが、文字にしてみると

普段、ウレタンゴム加工でこの通りでしているか?っと

言えばクエスチョン(?)が付くので、O主任を中心にウレタン注型の

仕事を振り返ってみた。

9月度のウレタンゴム加工の立成化学では、「基本に立ち返る」

だったので、色んな部門でもそれを横展開にして

お仕事を進めていく所存です。

ウレタンゴムライニング、ウレタンゴムローラー、

ウレタンゴムパッキンの事なら、

どうぞ手のひらサイズのウレタンゴム加工の立成化学工業所を

宜しくお願い致します。

 

 

 

 


昨日、忙しい中時間を取って貰い皆で研修を行いました。

納期の厳しい中、お客様にも無理を言わせて頂き時間を取らせて

頂きました。全てのステークホルダーの皆様、有難うございます。

とても感謝しております。

今回は、其々のミッションを自分の発した言葉を文章にして

掲げるという事を行いました。

普通は、部門部門に分かれて話し合いが行われるのですが。

今回は、当社が少人数の零細企業というのも有り、各々の部門を皆で

考えるという作業をしていきました。

他の部門からも色々な意見が出て、又、時には辛辣な意見も出て

和気藹々ながらも厳しい話し合いが持たれました。

その中で出て来た“Key Word”は高品質と顧客。

高品質も各人、各部門に拠って捉え方が其々で場が盛り上がりました。

高品質・・・図面通りの物 高品質・・・お客様の気に入る物

この二つを併せ持った物が高品質で有る!!

というのが立成化学の中では定義しています。

顧客・・・私たち立成化学がウレタンゴム加工で喜ばすべき相手

に拠って貢献しないとイケないという結論に達しました。

社員さん自らが発した言葉により、職場のミッションが定義出来ました。

本当にすべてのお客様にご協力を頂き、時間を取る事が出来ました。

本当に有難うございました。有難うございました。

 


ウレタン加工の立成化学工業所の東京支社への道順は以下の写真の通りです。
 
東京メトロ東西線 茅場町駅 徒歩5分 茅場町 出入り口 10・11番出口
 
そこの書店の方の階段を上がって頂いて、主要幹線道路に向かって 来るっと右に体を回すと
 
約100m先にファミリーマートが見えます。 そのファミリーマートが1階にある兜町第一平和ビル3階にございます。
 
綺麗な女性の方がお二人迎えて下さいます。 これからは、少し涼しくなってきます。
 
どうぞ、暖かいお珈琲を飲みに是非当社にお越しくださいませ。
 
 
ウレタンゴム加工の立成化学は東京 03-6861-7659でございます。
 
有難うございます。 これからもどうぞよろしくお願いいたします。
ウレタンゴム加工の立成化学東京支社への道順。 - ウレタンゴム加工
次はこうです。
ウレタンゴム加工の立成化学東京支社への道順。 - ウレタンゴム加工

2017年09月22日

金型の保管は当社で厳重に行っています。

金型というのは、殆どの場合お客様からの預かり金型で有り

私たち、立成化学工業所はそのお客様からお預かりさせて頂いた

ウレタンゴム注型の金型を使用させて頂き、ウレタン注型ゴム加工を

させて頂いております。

その際、このように金型の写真を撮り、お客様にメールにて確認頂き

ウレタンゴムの注型加工の仕事をさせて頂いております。

これからも、ウレタンゴム注型の立成化学工業所を宜しくお願い致します。




ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ・お見積もりはお気軽に!
ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ

ウレタンゴム加工110番特急便

最新のコメント