ウレタンゴム加工会社 2代目社長の挑戦ブログ

記事一覧

本日も、東京で打ち合わせを行いました。

実は、こちらのお客様は私どもの事を良くわかって

下さって、色んな案件を持ってきて下さります。

今回も2つ宿題を頂きました。

有難いです。

1つはすぐ形になりそうな。ウレタンゴムライニング60度黒です。

3㎜ライニングするのですが。

すぐ欲しいと仰るので。当社の特徴であるウレタンゴム型を

取り、そのウレタンゴム型を利用して成型(注型)するのです。

綺麗な品物が間違いなく出来ると思います。

どんどん東京での案件もお待ちしております。

東京都中央区日本橋兜町5-1です。

茅場町駅から歩いて3分です。

お待ちしております。

 

 


当社の一番のメインのお仕事。。。

液状ウレタンゴムの注型工程を行いました。

昨日の夕方に芯金を持ち帰り。。

ブラスト+接着剤加工を施して

本日、朝10時30分に注型作業を行ないました。

ウレタンゴム硬度95度でございます。

エアーを噛まない様に、、、

異物・ゴミが巻き込まない様に


私は、ウレタンゴム加工の立成化学工業所の代表をしております。

先代(父親)から経営を引き継ぎ約15年になろうとしています。

その中で、毎日続けている事が山程ございます。

勿論、毎日会社に来る(出張の時以外)というのは当たり前ですが

それ以外にも沢山の日課があります。

私の性格は、一度決めた自分との約束は決して破らないという

真面目な所もございます。

自分に負けると云う事があまりございません。

その自分との約束の中で一番にしている事はおトイレ掃除。

これは、先ず間違いなく15年は毎日(年間365日)続けていると

思います。故に、会社のおトイレは勿論、家のおトイレもピッカピッカです。

ここ恐らく5年。。。確実な数字で言いますと

3年は毎日、会社の窓拭きをしております。

如何でしょうか。窓が鏡の役割りを果たす位

ピカピカです。

又、この1年は続けています棚の天井の拭き掃除

これも間違いなくピカピカです。

ウレタンゴム注型の際に、天井から異物やゴミが

落ちない様にしています。

私がする事に拠り、現場の人も現場の天井などを

綺麗にしてくれています。

 

で、今回作業台も老朽化してきたので新たに息吹を

吹きこもうと云う事で塗装をしようと言う事に

成りました。これからもっともっとピカピカに成り

ウレタンゴム加工品も綺麗な品物が出来る事は

間違いないです。宜しくお願い致します。

 


当社は、ウレタンゴムローラーを特急で加工を

しております。

本日、お客様からアルミ芯を受け取りました。

これは、、、何をしてるでしょうか?

続きは、webで。。。

この下の写真を本日、お客様から受け取りました。

このアルミ芯にウレタンゴム95度を

ライニングして、お客様にお納め致します。

納期は11月14日ですが。

出来るだけ速く納品させて頂きたいと思います。

早速、I村さんがショットブラストしてくれました。

有難いです。

さぁ、明日はウレタンゴムライニングを施します。

乞うご期待です。

お客様のご要望に出来るだけお応えする

ウレタンゴム加工の立成化学工業所です。

 


ウレタンゴム加工の立成化学工業所はウレタンゴム加工業を

生業にしてる工場(こうば)で一番

綺麗な工場(こうば)だと自負しております。

色んなお客様が当社にお見えに成られますが

いつも仰って頂ける言葉が。。。

(ウレタンゴム屋さんにしては)綺麗にされていますね。

そうです。

まだまだ、3S活動を本格的に取り組んでおられる会社様から

みたら足元にも及ばないのです。

しかし、足元には近付いて来たのでは無いかと

思われます。

壁を綺麗にして、ブラックボードでOkyaku様を

お出迎えして。オモテナシをして

 

工場見学して頂く。

その御礼のお葉書をしたためる。

そういったアフターフォローをしっかりしていきたいと

思っております。

ウレタンゴム加工品の短納期高品質を担うのは

当然の職務として遂行していきたいと思います。

 

これからも、ご指導ご鞭撻宜しくお願い致します。


当社は、ウレタンゴム加工に特化しております。

ウレタンゴムが使われてる所って、結構あるんです。

何かの緩衝材に成ったり、何かを送ったり、何かを数えたり

何かを飛ばしたり、何かを受け止めたり、何かを破壊したり

何かを守ったりと。。。様々な用途がございます。

本日来られたお客様は、お付き合いは約4年前から始まっており

何回かウレタンゴム加工のお仕事をさせて頂いております。

 

今、とっておきのお仕事をしておられるので

お客様のお名前は敢えて入れてません。

色々とお話を聴いて、その後工場見学に。

内のY部長も当社に来て約3年。

すっかり注型ウレタンゴム加工の虜に成り、説明もスムーズです。

 

 

市原悦子さんばりに、ウレタンゴム加工のプレス台の

隙間からも撮ってみました。

凄い張り切って説明してくれてるのが分かります。

 

色んな場所を綺麗にしていますが、やはり床を綺麗に

したらもっともっとお客様に喜んで頂けるのになと

感じました。

本日は有難うございました。

 

 


当社。。。ウレタンゴム加工の立成化学工業所は

そ・わ・か を大切にしています。

そ・・・掃除

わ・・・笑い

か・・・感謝

を表します。

工場(こうば)の外も中もです。

 

工場の外の看板や自販機もお掃除。

 

勿論の事。。。おトイレも

 

勿論。。。笑いも忘れません。


ちょいと。。。引き攣った笑い。

で、勿論、神様にも。


感謝の念を送りました。

榊の一つがダメに成ってたので処分致しました。

神様に申し訳ないので。

という事で、当社はしっかり

そ・わ・か を 意識して活動させて頂いています。

有難うございます。

しっかりとした品質と誠実な対応でお客様のご要望にお応え

したいと思います。

有難うございます。


当社は、注型ウレタンゴム加工業です。

液状注型ウレタンゴム加工業なので、形さえ有れば

どんなモノでもウレタンゴムで出来てしまうのです。

今回は、ウレタンゴムボール(ボーリング用)と

ウレタンゴムピン(ボーリング用)を製作して

社内で軟式ボーリング大会なるモノをしようという事に

成りました。

特徴は、普通のボーリングする時みたいに

ボーリングの玉に指を入れる時に感じる痛みが

ウレタンゴムボールでは全く感じられない。

ウレタンゴムボールは、もしボーリングのレーンで

使用したら、レーンに優しいウレタンゴムボールに成ると

思われます。

最後に、もしウレタンゴムボール(ボーリング用)を脚に

落としたとしても全く痛くないので。

ボーリング専用のシューズが要らない、

全てに優しい、軟式ボーリング。

皆さん、一度試しませんか。

ウレタンゴムボール(ボーリング用)とウレタンゴムピン(ボーリング用)

です。

これから、色んな加工をして本物のボーリング球と

ボーリングピンに致します。

https://www.youtube.com/watch?v=oQtVQTUooDE&feature=em-uploademail

 


液状ウレタンゴム注型は良く簡単な作業だと言われます

それは、何故なら一液と二液を混ぜてそれを

金型に流し込むだけだと言われてるからです。

確かに、液状注型ウレタンゴム加工を一言で言い表すと

そうなります。

しかし、その過程では色々な事に気を遣いながら

注型作業を行っていかないといけません。

その時の温度、湿度、ゴミ、エアーが如何に入らないように

するのか。金型のエアー逃げ、バリ溝などなどはどうするのか。

それを、本日はK工場長自ら、I村さんにご教示頂く事に

成りました。現在、少しだけですがウレタンゴムライニングの

お仕事がゆっくりに成って来たので。

ブラストの加工をお願いしているI村さんに多能工化に

なって頂こうと思い実現いたしました。

実は、人に物事を教える時、一番勉強に成るのは

教えてる本人だと言われています。

その意味では、K工場長もI村さんも両方の方が

ウレタンゴム注型にとって思慮深くなると思われます。

案外。。。ウレタンゴムは奥が深いんですよ。

紺の作業服がI村さん!!

奥のピンクの作業服がK工場長!!

他の注型作業者とも、ウレタンゴムについて語り合う

I村さん。

注型ウレタンゴムの奥深さを知れば、ショットブラスト加工にも

良い意味での変化が有ると思われます。

 

 


当社はウレタンゴム加工業を生業にしております。

大分類的に言うと、工業用ゴム製品加工業になるのでしょうか。

いや、もっと大きく言うと製造業と言えます。

何かを製造してその製造した物でお客様のお役立ちをして

喜んで頂いて対価を得るという事業です。

製造。。。何かを造るのです。故に、自社で造れる範疇のモノは

他の会社様に依頼するのでは無く、自社で造ろうという事で

今回は、自社の工場(こうば)の外壁を自分達で塗装しようという事で

外壁のペンキ塗りを行ってみました。

そのキッカケを頂いたのが下記の写真

高校の野球部のS先輩から。。。

ブラックボードや花は綺麗けど、後ろの外壁が汚いなと。

確かに、写真の背景が汚かったら折角撮った写真の出来も

半減しますね。

なかなか、直ぐにとは行かなかったですが。

高圧洗浄の機械を借りて先ず綺麗にしました。

 

ちょっぴり綺麗に成りましたが。

塗られていたペンキも落ちてハゲハゲに成りました。

 

2018年10月25日 約13年振りに外壁の塗装を

する事に。前回はプロにお願いしたので

今回が自分たちでするのは初めてです。

所謂、DIYというやつですね。

Y部長、I村さんにご協力頂きました。

 

Y部長!プロ並みですね。

 

すっかり、綺麗に成りました。

 

良い運が舞い込んで来そうな会社の扉に成りました。

有難うございました。感謝、感謝、感謝です。

 

 

 




ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ・お見積もりはお気軽に!
ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ

ウレタンゴム加工110番特急便

最新のコメント