ウレタンゴム加工会社 2代目社長の挑戦ブログ

記事一覧

当社(立成化学)の東京支社でのお仕事はこういったお仕事が多いです。
 
内の東京事務所には、3Dプリンターが置いてあり、色んな造形物が
 
製作できるようにしております。
 
先言っていただければ、事務所にお客様が居ながら(楽しい会話をしながら)
 
その間に切削物が出来て、面白いモノを持って帰って頂きます。
 
勿論、サンプルなども出来て、形状確認をして貰うことが出来ると思います。
 
今は、実験段階ですが、一年後にはそのビジネスは軌道に乗ります。
 
本当に嬉しい、ワクワクするお仕事ですね。
 
これからもいっぱい勉強して、皆様に楽しんで頂ければ良いな!!っと
 
考えております。
 

ウレタン加工の立成化学工業所は色んな機械を使い

ウレタン加工をしています。

ただし、主なのはウレタン注型作業です。

こちらの動画はまた、追々UPすると致しまして。

この機械達が活躍出来ますようお仕事のご用命を頂いたら

非常に助かります。有難う。有難う。有難うございます。

 


ウレタンライニングの前のショットブラスト加工。

ウレタンライニングをする前に金具(鉄芯)に

表面処理を行います。何故なら、金具を傷つける(ガラスビーズ)を当てる事に拠って、

表面積を大きくして
ウレタンゴムを剥がれにくくします。

 

昔は、サンドペーパー等で処理をしてましたが
接着力に問題が有り、約17年前くらいにショットブラスト機を導入。

 

今では、この業界で生きて行く為には
必要不可欠な機械です。

お父ちゃん(先代)有難う、有難う、有難うございます。

https://youtu.be/mXQHfjk5Guw

 


当社はウレタンゴム化工の立成化学工業所です。

工場自体は神戸にありますが、ウレタン@ひろしは東京に

居ります。そこで色んなお仕事のご相談を承りたいと思っております。

ウレタンゴムには硬度が有ります。所謂、ウレタンゴムの硬さを示す

単位です。当社のウレタンゴムの取り扱いはウレタン硬度25度位~硬度95度位を

扱っております。JIS規格でいきますとゴムの硬度は±5度が目安と言われてますが

ウレタンゴムが硬い高硬度の場合は大体±2度位に入ると思います。

硬度が柔らかい低硬度になりますとやはり±5度は見て頂かないと思います。

又、どんな場所にはどの程度の硬度が良いかご教示出来ます。

いつでもお気軽にご連絡ご訪問頂ければご対応しますので宜しくお願いいたします。

写真に写ってる硬度計を事務所には常置しておりますのでご安心を。


反発弾性が高い事。硬度は今のままで良いのか。考え中です。

今までは、他のゴムでしていましたがお客様がどうしてもウレタンゴムで

トライしてみたいという事でお話しを頂きました。

有難うございます。

何とか形にしていきたいと思います。

 


今週のウレタン@ひろしは東京WEEKです。

その中で色んな方と東京でお会いして

ウレタン@ひろしの認知度も東京で高まってきました。

月曜の朝一からとてもテンションの高い熱い人達が

東京の茅場町のOFFICEに来てくださいました。

少し昔してたスポーツにも関わりがあり、ウレタン@ひろしも

テンションが上がってきました。

その方の最後に帰る時に発せられたお言葉が印象的でした。

「この仕事、楽しんで(モノづくり)やって欲しいんだよね!!」

有難うございます。とても嬉しい言葉でした。

少しづつですが、楽しいお仕事を東京でさせて頂ければと思い

東京で営業活動していきます。

これからも、ウレタン加工の立成化学工業所を何卒宜しくお願いいたします。

 


当社、ウレタン加工の立成化学工業所はかなりの数のお客様の

お役立ちをさせて頂いております。いつも有難うございます。

初めのお取り引きの時には、お客様が当社がどういった会社か分からないので

工場見学に来られます。3S活動を行う以前の当社でしたら

工場の汚さが恥部みたいに思えて、製品自体は綺麗ですから・・・

品質は間違いないですから・・・っと言って逃げてたのですが。

今は、堂々と是非、工場見学に来てくださいませ!!っと言えるように

成ってきました。本格的な3S活動をされている〇〇研究会とかO〇I会とか

O〇S会とかに入会されている企業様には足元にも及びませんが、

ウレタン加工業界では綺麗な工場のベスト10には入るのではないでしょうか。

そんなことで、7月は大手企業様と呼ばれる会社様が沢山当社に足を運んで

下さりました。有難うございます。これもひとえに、地道に3S活動を続けてくれてる

社員さんの頑張りだと思います。

秋に成れば、現場ももう少し涼しくなります。是非、当社に工場見学に来てくださいませ。

社員さんと一緒にお待ちしております。

有難うございます。

 


昨日、兵庫県の姫路市の和光製作所さんに工場見学に

行かして頂きました。

http://www.wakoseisakusyo.co.jp/

こちらの会社様との出会いは、2017年6月16日の神戸サンボーホールの

展示会にてでした。

ゴム・エラストマーの製造販売の会社様で、新たなビジネス展開を考えて

おられ、その主旨で展示会に来られてたみたいです。

そんな時に、展示会には他に優秀な会社様が有りながら思わず入った

ウレタン@ひろしのブース。そこでウレタン@ひろしに摑まってしまわれて、

私(ウレタン@ひろし)が、工場見学行かしてください!!っということで

昨日の工場見学と相成りました。

最初の印象は。。。。「とにかく、熱い暑い!!」でした

応接室は、工場の2階に有るので、其処までに行くのに1階の現場の熱気が

上がってきて・・・でした。只、うちの会社と違って建屋が大きいので

許容範囲の暑さでした。

そこから、応接室に通して頂くと、綺麗な製品が飾られており

技術力の高さが垣間見えました。ただし、お客様との秘密保全が有りますので

写真はご勘弁下さいませ。

上記の製品は、自社製品みたいなので大丈夫です。

WAKO君(?)っというコースターだそうです。

裏面に、「人の和こそ 光を放つものなり」という和光製作所様の社名の

由来が書いてあります。

その後、色んな脱線話をしながら、又工場見学をさせて頂きながら

約2時間滞在させて頂きました。

感じた事

①機械を自社で手を加えながらオリジナリティが有る機械にして

 生産性の向上を図られています。

②3S→5S活動もしっかりされており、高い品質を保っておられます。

③現場にOVER70歳?位の元気な綺麗なお姉さまが現場の一員として

 頑張っておられるので会社の働きやすい環境を整えておられます。

 

 

ゴム・エラストマーの事なら是非、和光製作所様にご連絡してください。

 

 

本当に工場見学させて頂き有難うございました。

 

 

 

 

 


現在、ウレタン加工の立成化学工業所は色んな活動を

行っている。

昨日までの3日間も、パワーポイントでのプレゼン用の資料作り

illustratorでの資料作り、フォトショップでの資料作り

FUSION360のCADの勉強。

それも全て、ウレタン加工の将来の為。

新しいウレタン加工を見据えてお仕事をしていきたいと思う。

有難う、有難う、有難うございます。


当社、株式会社立成化学工業所のウレタン加工.COMは

ウレタンローラーやウレタンパッキンだけでは無く、色んなモノを

ウレタンゴムで製作しようとしています。

その取っ掛かりが、3DCADのソフトを使用して3Dプリンターで

製作物を出力して、それをマスター型にしてウレタンゴムにて

型取りをしていく仕事です。

そぉ、すればどんな形でも、スグ再現出来ると思います。

これからも、ウレタンゴム加工を生業として立成化学工業所を

どうぞ宜しくお願い致します。

 




ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ・お見積もりはお気軽に!
ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ

ウレタンゴム加工110番特急便

最新のコメント