ウレタンゴム加工会社 2代目社長の挑戦ブログ

記事一覧

注型ウレタンゴム加工の立成化学工業所です。

私が代表を務めさせて頂いております。

この頃、努めてしてる行動が有ります。

それは、社員さんに仕事をお願いする時

又、何かモノを渡すとき、目的や意味付けを

明確に示して渡す様にしております。

例えば、これ自体が目的では無く目的を達成する

手段で有りますとか、このモノを渡す目的は

コレを皆さんに感じで貰いたい、思ってもらいたいから

であるという事を言っています。

それ自体も、会社の目標とリンクしないといけないと

思っております。

ウチの一番の目標は、このHPの読者様等で有ります

お客様にお役立ちをして、喜んで頂きその正当な対価を

頂き、立成化学工業所が成り立ち、その立成化学に携わる人達が

幸せに成る事です。

それしか有りません。WIN-WINですね。

この頃、ウチの会社も一致団結してる感が出て来てますね。

とお客様からも褒めて頂く事が有ります。

そのお客様のご期待にも添えるよう一生懸命頑張ります。

このブログを読んで頂き、誠に有難うございます。

感謝致します。

一人一人に手渡しです。

ウレタンゴム加工品の仕上げ室にて。

液状注型ウレタンゴム加工場にて、

所謂、現場にて。

着替えを終えたウレタン注型プロフェッショナルに。

皆で確認です。この意図について。

感謝、感謝、感謝でございます。

 


昨日は、当社の期の初日です。

毎年、この日に一年間の目標などを立てています。

しかし、これまではハッキリ言って社員さんも聴いて

くれてないやろうなぁと、半分思いながら

一方的に早口に数字の羅列だけを言ってきたような気がします。

しかし、今回は趣向を凝らして

パワーポイントを使い、いかにも私らしくユーモア(古いですね)

を交え、しっかり社員さん一人一人に期待する事を

述べさせて貰いました。

今までは、本当に早口で話してたのですが、今回は本当に

ゆっくり語りかけるように言えたと思います。

聴きに来てくれたネット顧問のNさんにも

初めて(笑)褒めて頂きました。

このプレゼンテーションならもっと沢山の人にも

来て貰い会社の方向性を観て貰いたかったなと思いました。

今期始まって未だ2日目ですが、社員さんの表情も暑い現場の

割には穏やかで黙々とお仕事をしてくれて頂いてるので

今期も目標を達成できるのではないかと思っています。

勿論、このHPを観て頂いている皆様にお役立ちできないと

その目標も達成できませんので、真摯に一つ一つのお仕事に

向き合いたいと思います。

ご指導ご鞭撻宜しくお願い致します。

年号は僕が決めました。

資料は、パワーポイントで作成しました。

こう見えてパワーポイント大好きです。

数字が入ってたりしてるので、ちょいとボヤ化しています。

感謝、感謝、感謝いたします。

 


今週の始めにお取引業者様から提案頂いた

空調服が本日現場デビュー致しました。

最初は、半信半疑だった社員さんも。。

お喜びの様子。

何より、余り汗をかかない(上半身だけですが)。

それと空気が身体の中を抜けていく感じがあり、

涼しさを体感できるそうです。

しっかり上まで閉じて下に風が抜けるようにしたら

一層涼しいそうです。

 

実際のウレタンゴム注型加工ではどうでしょうか?

 

ハイ!とっても良い感じです!!と感想を頂きました。

ショットブラストでのお仕事の時はどうでしょうか。

「ええ感じですよ!!後ろからの風が心地よいです!」

ウレタンゴムプレス加工の時はどうですか?

「ハイ!上手くスポットクーラーの風を取り入れて

 清々しい風が体内に取り込んでくれて、

 ウレタンゴム注型プレス作業もとっても楽です。」

未だ、現場作業者さんの2人だけの感想ですが

頗る評判が良いです。

但し、来年の8月1日には根本的な酷暑対策を

施します。

社員の皆さん!毎日、暑い(熱い)中、現場作業ご苦労様です。

感謝致します。

 

 


本日、またまた内の会社の兵器が増強されました。

今の内の会社のウリ(強み)は注型ウレタンゴムなのに

それをプレス加工でもやってのけてしまう技術力です。

何故、液状注型ウレタンゴムでプレス加工が難しいのかは

次のブログで事細かく述べさせて貰います。

その、注型ウレタンゴムのプレス加工に必要な

プレス台の熱盤がリニューアルされました。

熱盤の接地面を一皮めくり(削り)、レベルをキッチリ出して

歪みを取り、なるべく圧が均等にまっすぐ掛かる様に

致しました。

これで、プレス加工する時に出るバリが薄く出ますし

注型する時に出るエアーも綺麗に抜けるように成ります。

これで、ウレタン注型プレス加工品の品物が安定した品質で

供給できるように成ります。

これからもっともっと暑く成る現場では、歩留りが悪い場合は

精神的にも堪えますので、非常に良い策が取れたと思います。

業者様にも感謝でございます。

作業をされている業者様にも気遣いを見せてくれる社員さん!!

自分の仕事も有るのに、業者さんに気を遣ってくれる社員さん

昼休み返上でしてくれる業者さんと社員さん

感謝、感謝、感謝でございます。

 


2018年07月24日

当社は、熱硬化注型ウレタンゴム加工のスペシャリストです。

その、熱硬化型というものが曲者で、当然ながら、注型加工する時に

熱を加えます。

炎が起きるような熱では有りませんが、現場は夏なのに

わざわざオーブンやストーブを入れてるようなモノです。

故に、現場の温度は成夏では44~45度になり、現場作業員には

大変な思いをして仕事をしてくれています。

本当は、現場全体に空調を入れて25度設定で仕事をして欲しい所ですが

金型や熱盤に影響を及ぼす所がありますので、今は全体的な空調は

少し厳しい感じです。

という訳で、小手先の熱中症対策と言われるかもしれません(笑)が

いま流行の空調服なるものを導入してみました。

劇的に変わるかどうか分かりませんが、購入する事にしました。

バッテリー

 

ファンはこんな感じです。

後ろから見たらこんな感じです。

横から見たらこんな感じです。

現場作業員さん全てで着て回してみました。

こんな風に・・・

さて、この夏は乗り切れるのかなぁ~(>_<)

来夏は、工場全体を冷暖房完備です。

 

 


本日から、早速新プレス加工台が稼働致しました。

有難いです。感謝、感謝、感謝致します。

K機械工業様とO電機様の搬入と配線に拠り

早速、本日2018年7月23日~

ニュープレス台が稼働致しました。

本日から、な、な、何と。プレス台は5台稼働状態に

成っております。どんどん、ウレタンゴムプレス加工の

お仕事を頂戴致しましたら、素早く納品出来るように

致します。

私が、この立成化学工業所に来た当時、2009年4月には

2台しかプレス加工台は有りませんでしたが

2018年7月現在では、プレス加工台は3台増え

5台稼働に成りました。

しっかり稼働しています。

感謝、感謝、感謝致します。


先週の土曜日に、久しぶりに設備投資を行いました。

と言っても、機械加工メーカーさんや精密部品を

加工してるメーカーさんと違う為

そんなに大掛かりな設備投資では有りません。

内の様な90%手加工に拠るウレタンゴム加工業の

設備投資は軽自動車の中古か上手く行けば軽自動車の

新車が購入できる設備投資に成ります。

それでも、内にとって設備投資には間違いないので

気合を入れて機械搬入を行いました。

土曜日なので、私(社長)とメーカーさんの社長と二人で

行いました。

 

大きさ的には可愛らしいですが、我が社にとっては

大きな戦力です。

キッチリ設置出来ました。

月曜日からしっかり稼働致します。

手前のが新品のプレス台です。

しっかり頼みますね。ウレタンゴムプレス加工。

感謝、感謝、感謝でございます。

 


私どもの生業は、注型ウレタンゴム加工業です。

主に紙送りローラーや紙幣や硬貨の選別機などの

ローラーとして使用される

ウレタンゴムローラーを製作販売しております。

本日は、すこし違った用途にウレタンゴムを使用してみたい

という事でお客様が来社して頂きました。

非常に熱心なお客様で、色んなお話をして頂き

私達、立成化学工業所の社員さんも勉強に成りました。

主に、用途としましては栓として、ウレタンゴムを使われる

という感じでした。

作業服の鮮やかさも褒めて頂き、私としてはとても嬉しく

感じました。

神戸の工場では、生のウレタンゴム注型を観て頂き

東京の支社では、ウレタンゴムの効果的な使い方などを

お話し出来ればと思っています。

ウレタンゴム加工品の試作等もどんどん承っております。

お気軽にご相談下さいませ。

靴も揃ってると映えますね。

どちらのお客様も熱心に効いてくださいます。

私は、観てるだけ!!です。

来て頂いて感謝いたします。

 


私共が生業にているウレタンゴム加工業の現場は

夏に成るととても暑いです。液状ウレタンゴム注型の

現場は夏本番の7月頃には44~45度位に成ります。

故に、出来るだけ朝涼しい時に来てスタートしようという気概が

どの社員さんにもそういうスピリッツ(魂)が有ります。

昨日は、私が7時15分に出社した時には

既に社員さんが一人来られてて、7時28分にはもう一人の

社員さんが来られて、現場作業をスムーズにしよう!

っという事で仕事をスタートさせていました。

内の就業時間のスタートは朝の8時30分!!

私は、大体7時15分~20分位に来て

トイレ掃除+神棚清掃+窓拭き掃除等を一通りして

社員さんを出迎えようと思っています。

他の社員さんも大体7時45分位~8時15分の間に来られて

仕事の段取りの方をされています。

今日は、とりわけ早かったので報告させて頂きました

仕事は段取りが全てと言います。

そういう意味では、内の社員さんはその辺を理解して

お仕事を進めて貰っています。

短納期+高品質のウレタンゴムローラー、ウレタンゴムライニングの

製品をお探しの方は、是非、神戸に工場が有り

尚且つ東京にも営業所が有る立成化学にご用命くださいませ。

宜しくお願い致します。

有難う、有難う、有難うございます。


ウレタンゴム加工業者が、この専門のHPで

一般的事を書いてしまい誠に申し訳ございませんが

昨日は、少しびっくりしたので

仕事の中での体験談を書かせて頂きます。

この頃、色んな事を引き寄せる事が多い立成化学!!

一昨日もこんな事が有りました。

3ヶ月に1回、当社のネット顧問であるN園さんと

打合せをしていました。

今の現状、来期の計画について。

久しぶりに、黒板をフルに使っての真面目な討論!!

当社は、ウレタンゴムローラーの製作などを主に

商いの基本としております。

そのウレタンゴムローラーは、何に使われてるかと

言いますと、主にお札を送ったり、数えたり

又、硬化を出したり、判別したりする時に使用しています。

これから、世の中はどんどんキャッシュレス化に成っていくので

ウレタンゴムローラーが活躍する場面が減って来るのでは無いか?

っという事が考えられます。

そこで、他のどの業界でウレタンゴムローラーが使用されるん

だろぉ~!?って考えて行くと。

緩衝材に使用されるよねって。それも、ロボットのアームの爪の先

に緩衝材としてウレタンゴムが重宝されるんじゃない!?(東京弁で)

という話しを16時30分~17時05分まで

N園さんとずっとしてたその時。。。

ロボットというフレーズは100回以上言いましたよね。

ホームページからのお問い合わせのメールが1通

16時52分に送られてきました。

その、送って頂いたお客様(大学様)の学科が

な、な、なんと

ロボティクス科の先生!!から。

ホンマ鳥肌が立ちましたN園さんと。

えっ、今、散々ロボット!ロボット!!って言ってたよねぇ!!

って(笑)

これこそが、まず言葉有りき!!

言ってみるもんです願いは口に出して。。

執着したらイケないかもしれませんが、サラリと願い事を口に出す!!

その時、言う事は絶対ポジティブな事です!!

絶対、叶いますよぉ(^^)/




ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ・お見積もりはお気軽に!
ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ

ウレタンゴム加工110番特急便

最新のコメント