ウレタンゴム加工会社 2代目社長の挑戦ブログ

記事一覧

液状注型ウレタンゴム加工というのは、

読んで字の如し!!という意味で言えば

液状で(金)型にウレタンゴムを注ぎ込むという事です。

そうなんです。金型が無いとウレタンゴムを流せないのです。

しかし、それは正規の金型で無くても良いのです。

金型と言われて、皆様のイメージはどのように思われたでしょうか。

高い。100万円以上はする。実際に作る品物が数個なら

ペイ出来ない。と思われたのではないでしょうか。

殆どその通りですが、液状注型ウレタンゴム加工の場合は

それが少し違うのです。

100万円もする様な正規の金型が必要ないんです。

それは、大気圧上で液状ウレタンゴムを流して終了に

なるからです。

殆どの合成ゴムの成型方法は、必ず圧を掛けます。

故に例え、成型するもの1個でも1万個で有ろうと

絶対、絶対、正規の金型が必要なのです。

もし、製作する物が数個であり。絶対NBR、CR、SBR

じゃなきゃダメなんです。緩衝材にゴムが必要なんです。

という場合は、是非、液状注型ウレタンゴム加工を

専門にしております。株式会社 立成化学工業所に

ご連絡下さいませ。宜しくお願い致します。

実際の注型してる場面は下記の様な感じです。

 

注型し終わった後です。

 

エアーや異物やごみを取っています。

有り合わせの金型(注型冶具と言います)に

セットした所です。

ご連絡の方お待ちしております。

 


東京に月7日~10日間くらい行くようになりまして

約1年半!!色々な事が有りました。

かなりの数の本を読ませて頂きました。

普通の営業時間内(8時30分~17時30分)よりも沢山の

時間を有効利用出来るので、勉強を沢山しました。

その中で何度も勉強をする機会を持てたのが

3DCADのfusion360です。

これで、図面を描きお客様にお役立ちしたいというのが

一番の狙いです。

お客様の要望の中で、結構な割合で占めてるのが

実物を送って来られ、それと同一の物を作って送って

欲しいというご要望。

それを可能にするのがこのfusion360というソフトでは

無いのかな。という事で勉強し始めました。

実は、それも今年の5月頃から忙しくしだし、勉強をしなく

成ってきました。それではいけないと思い、

自分を追い込むためにこのブログを書いてみました。

実際、最初からお客様はこういった物という実物が有ったので

図面を描く必要は無かったのですが、勉強の為に図面を描いて

みました。

このブログを境に又、勉強を始めてみようと思います。

 

 

 


当社が、毎年参加さして頂いてる展示会‼️

今年は色々あり、殆ど準備出来ない状態で

望んでしまいました(TT)

やっぱ…

ちゃんとせなねぇ。

準備は。

しかし、戦闘服だけは頑張りました。

来年は、なんかテーマを持って当たらないとね。

有難う、有難う、有難うございまっす。

感謝、感謝、感謝です。

有難いですね。

参加する事に意義が有りますね

来年はもっとテーマを持って参加致します。

 


ウレタンゴム加工にとっては、加硫というモノが非常に

大切に成ってきます。

所謂、熟成という作業ですね。

その熟成がしっかりしないと、例え、ウレタンゴムの恰好をして

いても、ウレタンゴムの物性は満たしてないと言えます。

恰好は良いけど、中身はね。。。という感じです。

この加硫炉を実は、昔は、原料の加温と製品の熟成と一緒の

炉で実行していました。

実は、それには無理が有りました。

ウレタンゴムの原材料の最適な加温の温度は〇〇度

それに引き換え、ウレタンゴム成型品の最適な加硫温度は

〇〇度。明らかに開きが有りました。

それ故、自社でウレタンゴム成型品を研削・研磨加工をするにしても

又、仕入先様でウレタンゴム成型品を研削、研磨するにしても

少しタイムラグが有りました。

仕事がすこし遅れる感じが有りました。

ネットを本格的にする前までは、それでも事足りてたのですが

やはりお客様のご要望の納期にもお応えするためには

ウレタンゴムの原材料の加温する炉とウレタンゴム成型品を

加硫する炉とは分ける事にしました。

2006年7月だと思います。

実は、そうする事に拠ってもう一つのメリットが有ります。

それは、ウレタンゴムの原材料の熱履歴を少なく済ます事にも

繋がりました。履歴と言ってしまうと回数なので、回数は一緒ですが

高温で加温する事なくウレタンゴムの原材料を溶融出来るので

ウレタンゴムの原材料にとって天敵である熱を加える事が

少しでも抑えられます。

一石二鳥というやつです。

しっかりとした物性が出たウレタンゴム成型品をお客様に

届けられます。

 

普段はこの位置に有ります。

しかし、炉の写真を綺麗に撮りたかったので

炉を少し明るい場所に持ってきました。

少し、動かしたのでコレを機にバックの掃除も

行いました。

明るい太陽光が入ると良い感じですね。

 

最後は、元の位置に戻しました。

 

これからも大切にしたいですね。加硫炉。

 

感謝、感謝、感謝の加硫炉です。


当社は、液状注型ウレタンゴム加工の会社です。

それは、おもに大気圧の中での注型作業と言っても良いと

思われます。一定の温度にセットされた熱盤の上に金型を

セットしてその中に液状のウレタンゴムを流し込む

まさしく注型(型に流し込む)。この注型作業には

何の圧力も掛かりません。

普通の合成ゴムの成型の場合、練ったゴム板をその製品の

大きさにカットして、そのカットしたゴムを金型の上に

セットして上から押してやると、その金型通りの製品が

出来て来るんですね。

この場合、練ったゴム板というのは、ウレタンゴム加工で

よく使う一次加硫が終わった状態になっているのです。

故に、熱伝導が一定に掛かりやすく、プレスのタイミングも比較的

安易だと言われています。あくまでも、ウレタンゴム屋の意見ですが。

当社の注型ウレタンゴム加工のプレスの場合、

撹拌作業を終わった後、金型に液状ウレタンゴムを注型した時に

始めてそこで一次加硫が始まるため、熱伝導が下型のボトム部分と

トップ部分に違いが有るので、タイミングが非常に難しいと

言えます。ちょいと例えがおかしいかもしれませんが、

お好み焼きをホップレートで作る時に、ホットプレートに面してる

お好み焼きの下側はもう焼けてるのに、ホットプレートに面してない

お好み焼きの上側は未だ焼けて無い感じと似ています。

お好み焼きは、ある程度固まったらひっくり返せますが

液状ウレタンゴムの場合金型をひっくり返す事が出来ないので

それは、金型の構造を考えたり、当社の職人さんの長年の経験で

タイミングを図っています。

その難しいウレタンプレス加工に必要なプレス台を当社は

5台も所有しています。

 

一番手前が、本年2018年7月21日に入荷しました。

めっちゃ頑張っています。

 

下記の写真に写ってる職人さんは

未だ1年も経っていない職人さんですが非常に前向きに

取り組んで頂いてます。

流石に、暑いので空調服(青)を着て頂いています。

これから、どんどん経験を積んでもらい

良いウレタンゴムプレス加工の製品を作ってくれますよ

お仕事のご依頼お待ちしております。

 


当社は、液状注型ウレタンゴム加工の立成化学工業所です。

その液状注型ウレタンゴムにとって一番の大敵は

湿度と言っても間違いないと思います。

特に、梅雨時期から真夏に掛けては非常に気を遣います。

まず、撹拌室。

撹拌とは注型する為のウレタンゴムの原料と硬化剤を簡単に

言わして頂くと、混ぜる事です。

撹拌する場合も少しの水分が入ってしまうと沸く(炭酸ガスが発生する)

ので、湿度を一定に保ち、原料に対しても優しくですが、

勿論、撹拌作業をしている社員さんにも優しくしております。

今朝は、湿度50%以下でしたので撹拌室の

クーラーは朝一ではスイッチオンしませんでした。

次は、ブラスト・接着剤処理室です。

ブラスト処理・接着処理にも大いに湿度が関係して

来ます。湿度が高いと上手く接着剤が金具に載らない

時が有ります。水分が金具に膜を張り、接着剤が

その上に載ってしまうので接着剤の意味を成さなくなり

接着阻害の原因になる恐れが有ります。

湿度50%を超えると接着剤処理を中止にしております。

故に、ブラスト・接着剤処理の部屋でも湿度を

事細かくチェックしております。

他の部屋にも水平展開しております。

そういう意識を全社員さんに持って貰う為に

どの部屋にも湿度計を置いております。

最後に私が神戸で常時いる部屋。

私がいる部屋には湿度計が有りません。

暑い中湿度が高い中で、頑張らんかい!!と

社長が涼しい快適な部屋に居てどないすんねん!!

っという気持ちで頑張っております。

今年の夏も扇風機一台で何とか乗り切れました。

夏生まれなので私は大丈夫です。

 


来週から、会社の玄関にもこのパネルを飾ろうと

思います。2010年に初めて、神戸国際フロンティアメッセに

参加して早8年になろうとしています。

このパネル(下記写真)は、主に展示会の時だけ使用していたのですが

これからは、工場でも飾ろうという事になりました。

お客様が当社の工場に来て頂いた時にも一発で何をこの会社では

成型してるんだというのが分かって頂く様に致します。

このパネルがお客様を温かくお迎え出来ればと思って

おります。

今後とも、ウレタンゴム加工の立成化学工業所を何卒

宜しくお願い致します。

色んな用途がございます。

あらゆるモノにウレタンゴムは使用されています。

注型ウレタンゴムの成型方法を写真で事細かく

説明させて頂いております。

Φ20㎜のウレタンゴムローラーに掛けた

思いを描いております。

 


当社は、液状注型ウレタンゴム加工業です。

はい、バリバリの製造業です。

製造業でもし、一つのクレームがない会社様が

いらっしゃったら教えて頂きたい位。。。

立成化学工業所も御多分に漏れず、クレームを頂く事は

ございます。絶対!というのは無いのかな。。。っと思っております。

勿論、手を抜くことは無く全力投球で液状注型ウレタンゴム加工は

施してます。

で、今回はお客様に品物をお渡しした後のクレームでは無く

社内の中での失敗をお届けしたいと思います。

私共の、液状注型ウレタンゴムの加工品には必ず加硫というモノが

付きまといます。金型内で熱硬化する時が一次加硫。

その後、オーブンで加硫する場合を二次加硫と呼んでいます。

その二次加硫で事件が起こりました。

偶々、お客様からシリコンチューブの二次加硫のご依頼が有り

その二次加硫の温度がウレタンゴムの加工品の二次加硫の温度より

高い温度で行います。

その二次加硫を昼間の内に済ませてしまい、その後ウレタンゴム加工品を

二次加硫に移行した時に事件が起こりました。

なんと、シリコンチューブの加硫温度のままウレタン加工品の製品を

二次加硫してしまい、その日のウレタンゴム加工品は全滅してしまいました。

その時の皆の動揺(笑)

アカン!社長に怒られる(笑)と思ったそうです。

しかし、私(社長)も事実を冷静に受け止め

どうしたら良いのかと皆で考えてみました。

皆の意見を集約すると、こうなりました。

変更ある時はこのように行います。

必ずこの札を見るようにして、加硫温度の設定を行います。

ピンチをチャンスに変えれた立成化学工業所。

これからも宜しくお願い致します。

 

 


当社は液状注型ウレタンゴム加工を生業に

しております。

そのウレタンゴムで、お客様から色んなモノや色んな形の

ご要望を受け製作しております。

今回のお客様のご要望は、ズバリ!

バランスボールをウレタンゴムで製作する事。

私共、立成化学がトライしたのは、

ウレタンゴム硬度が15度です。

消しゴムの硬度が約40度。当社のA硬度計で私の持参している

消しゴムで測定しました。

それよりもかなり硬度が低いのでポヨンポヨンっと

弾むかと思いましたが、思った程柔らかく無く

フワッとした感覚は無く、バランスとるのが簡単なのかも

しれないですが、私には非常に難しかったです。

まぁ、Φ280位なので余りにも小さすぎたのかもしれません。

私が賢明にバランスを取りましたが、

こんな感じでした。

スポーツマンタイプの私なので、

10秒は持ちました。

バランスボールはこんな感じです。

で、私が留守の間に見知らぬスポーツマンが

サインをして帰られたみたいです。

確かに、蹴球に使う球に見えない事は有りません。

当社も神戸ですしね。。。

下記の写真に関しては、誰も会っていないので

確認のしようが有りません。謎です。。。

責任は取れません。

うっすらですが、日付まで書いて帰っておられます。

しかし、誰なんでしょうか。

謎は深まるばかりです。

 

ウレタンゴムでこんなモノを作ってみたいと

仰る方は、一度当社にお問い合わせ下さいませ。

何とか形にさせて頂きます。

 


本日から、早速新プレス加工台が稼働致しました。

有難いです。感謝、感謝、感謝致します。

K機械工業様とO電機様の搬入と配線に拠り

早速、本日2018年7月23日~

ニュープレス台が稼働致しました。

本日から、な、な、何と。プレス台は5台稼働状態に

成っております。どんどん、ウレタンゴムプレス加工の

お仕事を頂戴致しましたら、素早く納品出来るように

致します。

私が、この立成化学工業所に来た当時、2009年4月には

2台しかプレス加工台は有りませんでしたが

2018年7月現在では、プレス加工台は3台増え

5台稼働に成りました。

しっかり稼働しています。

感謝、感謝、感謝致します。




ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ・お見積もりはお気軽に!
ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ

ウレタンゴム加工110番特急便

最新のコメント