ウレタンゴム加工会社 2代目社長の挑戦ブログ

記事一覧

当社はウレタンゴムの加工屋でございます。

お客様への一番のお役立ちは

ウレタンゴム製品で
お客様の

不安・不足・不便・不満

を解消してあげる事

だと私は

思います。

昨日、お客様に

呼んで頂いて訪問させて

頂いた時に

それを改めて

思いました。

そちらのお客様は

メーカー様なんです。

なので、当社が生業に

しているウレタンゴムを

何処か又別のお客様に

売るとかは

無いのです。

自社の工場で

使用する機械部品が

壊れて困った時

等に呼んで頂けるんです。

実は、そちらのお客様!

ネットで検索してHP

で当社に辿り着いて

頂く前は。。。

機械のメーカーさんに

その補修部品の供給を

お願いしていたらしいのです。

しかし、それはそれは

高価で納期も凄く掛かり

ちょっとなぁ~!!

でも

どうしよう!?

って困っておられたのですね。

そうです。不足を

感じておられたのです。

やはり、いつまでもそういう訳

にはいかないので

ネットで調べられて

ゴムの商社さんやゴムの加工屋

さんに辿り着いたらしいのです。

しかし、そこでは不満が・・・

そちらのお客様は

必要なのは自社の工場で

使用する機械部品!!

数量的には、多くて8個位

そこで、その辿り着いた

ゴム商社さんは。。。

こうおっしゃったそうです。

「もう少し数が纏まれば、金型製作して

一個の単価安くなるのですがね・・・」

お客様は少し不満を感じられました

「うーん、数量10個未満しか出ないのに

イニシャルコスト(金型費)〇十万円も

掛けれないなぁ~」

っと。

そして

もう一度、HPで検索してみると

あれ、このホームページには

一個からでもやってくれる!!

っと書いてあるわぁ(^_-)-☆

メールしてみよう!!と

いうことになり、早速当社にも

来て頂く事に。

で、聴かせて頂くと

何かを締める機械の部品に

使用しているローラー

一個@20,000!!

うわぁ!凄いええ値段!!

とこちらがビックリして

大声を出して

内なら、@〇〇〇〇円で

出来ますよ!!

えっ、そんなん出来るんですか?

とお客様の

不安(いつ部品入って来るんかなぁ~⇒

   短納期対応)

不足(この部品が無いと困る⇒

    安定供給可能)

不便(打ち合わせしたいなぁ⇒

   お客様即訪問)

不満そんなに数要らんねんけど⇒

   1個からでも対応)

これを解消する事に拠って

そちらのお客様は凄く気にいって下さり

工場の現場で部品トラブルが
有ると

すぐお電話かメールを頂けます

今は、ウレタンゴム以外の事

でも相談に載らせて貰っています

3Ş活動もキッチリされていました。

良い会社様で当社も嬉しいです。

有難うございました。


2019年02月26日

和歌山県のお客様から5年ぶりにお仕事を

頂きました。

5年前と言うと、その頃から一緒に働いている社員さん

と言うのは3人位しか居らず。

どんな感じでウレタンゴム加工したのか

この公差ってどの様に加工したのか

どの計器で計測したのか

等を工場長と加工の人は話していました。

で、いや、この精度は出ないから内で加工

したのでは無い!!と結論に達していたのですが

そこにこんな写真を私が持っていました。

何故、その写真が有るとと言いますと

ホームページに載せたり、Facebookページに

アップしたりしてるので。

其処に残ってるんですね。

やはり、ホームページやFacebookページは

アップしてこそ価値が有る!と思いました。

お客様にも役立ちますが、自社内でも役立つ事が

証明されました。

有難うございました。


当社は、ウレタンゴム屋です。
神戸市西区と東京都中央区で商いを行っています。

東京都中央区は営業拠点だけなので
製造業として活動しているのは神戸市西区です。

ウレタンゴム加工屋なので、業種別に分けると
所謂、製造業です。

製造業にとって利益を上げようとすると、一番大切な事は効率を上げると
いう事に成りますね。

今迄、一時間掛かっていた工程を30分に短縮する。
ハッキリ言うと其れしかないと思えます。

それに一番直結する活動が整理・整頓・清掃の
3S活動です。

製造業の方なら
殆どの方が知っていますこの3S活動

ちょいと、ググって見ました。

整理(seiri)
要るモノと、要らないモノを分類し、要らないものを捨てること
整頓(seiton)
要るモノを、誰にでも、すぐに取り出せるようにすること
清掃(seisou)
ゴミや汚れがない綺麗な状態を維持すること

何故、コレをしないとイケナイかと

思ったのはこんなとある社員さんの

こんなお言葉が有ったからです(笑)

あっ、ちょっと脱線しますが

人って言われた事はずっとずっとずっと

覚えてます。しかし、言った事って本当に覚えてないです。

恐らく、今もその社員さんは
何故、3S活動成るモノを

私(わたくし)、いや
立成化学工業所がやり出したのかは
知らないと思います。

で、話しを戻しますと

その社員さんが
「〇〇〇〇家の人って清掃するの

嫌いですよねぇ~」

ってとある金曜日の仕事が終わる時

に言われたんです。

恐らくなのですが。。。

その頃は未だ先代(父)も会社に居たので

私(わたくし)も先代も恐らく

金曜日の晩、仕事終わる時に

キッチリ掃除していなかったんだと

思われます(笑)

あくまでも推測ですが。。。

で、ホームページをする前に

会社メチャクチャ綺麗にしてやる(笑)

ねん!!

っと思ってしまったのですね。

とある神奈川県の会社にも

ベンチマーキングしに行きました。

ベンチマーキング(英:benchmarking)とは国や企業等が製品、サービス、プロセス、慣行を継続的に測定し、優れた競合他社やその他の優良企業のパフォーマンスと比較・分析する活動を指す。測定する尺度は、顧客による企業のパフォーマンスに対する評価に直接、間接的に影響を与えるものでなければならない。

出典:ウィキペデアより

という事で、その会社では3S活動というのでは無く

環境整備という形で行っていました。

社員さんを連れて3人で行ってきました。

恐らく、だれも途中で止めてしまうだろう

社長は。。。

と思ってた筈ですが、今(2019.2月現在)でも

続いております。

3S活動!!

毎日、朝も20分の清掃活動を継続中

故に、とても綺麗な工場に成ってきています。

是非、見に来てください。


私は、神戸市西区でウレタンゴム屋の二代目社長
です。

今回は、ウレタンゴムがどの様な所で
使用されているのか

又、当社が主にどんな製品を
製造しているのかを

お話ししようと思います。

私共の会社は

創業1969年!!

今年8月1日で
丁度50年!!

先代が35年
私(わたくし)が15年

社長を務めてる
ウレタンゴム屋です。

本当に本当にウレタンゴムしか
しておりません。

その中で一番加工している
製品は

ウレタンゴムローラー!!

ローラーという名前の通り
何かを転がしたり、送ったり
する部品です。

主に、何かの機械に
付いてます。

https://youtu.be/e8ySUqNzCJI

こんな加工機に付いたりも

しています。

この加工機は
木材のプレーナー加工を行う
機械です。

プレーナー加工とは・・・

プレーナーplanerとは平削盤のことでカンナ盤ともいわれます。 
プレーナー仕上げとはカンナ盤で仕上げてるという意味です。

プレーナーも電気カンナの一種で電気カンナは機械を動かして、
カンナ盤は木を動かして削るということで区別されます。

両方とも回転する刃で削るので手引きのカンナとは本質的に削り方が
異なりますが仕上げ面は普通にきれいに仕上がります。

超光沢面が必要な超仕上げには使われません

というモノで木材の加工には結構
使用されています。

木材をプレーナー加工する度に
加工される木材は送られています。

それも。。。何度も、何本も。

そう何度も繰り返して使われる所に
我がウレタンゴムが役立つのです。

何故か!?と言いますと。

それは、ウレタンゴム
は耐摩耗性が良いので

ダメになるのが遅いのです。
直径が小さくなるのが遅いのです。

だから、ウレタンゴムが使われるんです。

でも、数あるウレタンゴム屋さんの中で

何故!? 立成化学工業所が選ばれるのか?は

又、明日にてお願い致します。

続きは明日です。


ウレタンゴムって何ですか?

って私が良く行く勉強会で色んな人から聴かれます。

ウレタンゴムって一言でいうと

「樹脂の様な剛性を持ち、ゴムの様な柔軟性を持つ」

っと説明しています。

でも、樹脂の事もゴムの事もあまり知らない方にどの様に

説明したらよいのかと考えています。

又、何に良く使われますか?

ウレタンゴムと言ってもピンと来ないので。

と、聴かれる事も有ります。

その時には、スケートボードのウィールや

ピッチングマシーンに付いてるローラー等がそうです!

と答えています。そうです、耐摩耗性が抜群なので。

この例えから、確かに繰り返し使いそうですもんね。と

いうお言葉が返ってきますね良く。

仕事関係の方には、紙送りのローラーやATM機に入ってる

部品で、ピィーっとお札を送る所にウレタンゴム付いてますよ

と答えています。

そんな方に、ウレタンゴムの使用方法の一例として。。。

今回は、

ウレタンゴムの物性を存分に生かした緩衝材をウレタンゴムで

製作してみました。

アイデアはこの方から頂きました。

この方が、野球で顔面に硬球が当たり裂傷された時に

付けられていたフェイスガード

当社が製作したらこんな感じです。

surfaceの色とも揃えてみました。

悲しいときはこんな感じに成ります。

ウレタンゴムで色んなモノを製作していきたいと願う

ウレタンゴム加工の立成化学工業所です、

いつもお読みいただき有難うございます。


当社はウレタンゴム加工業です。

生業は、液状注型ウレタンゴム加工です。

そうです!金型に液状のウレタンゴムを流し込みます

故に、当社には金型が沢山保管しております。

故に金型が如何に傷つけないように保管するかが

重要なKeyに成ります。

金型というと、勿論金属なので。。。

何かに当たってしまうと傷が付いています。

そうすると金型もダメに成りますし、出来上がる

ウレタンゴム製品にも傷がつきます。

故に、カバーが必要です。

ズバリ、そんなカバーにぴったりなのが

ウレタンゴムなのです。

金型です。

カバーするウレタンゴムです。

耐摩耗性が抜群なので、緩衝材にはぴったりのウレタンゴムです

金型に嵌めてみました。

色も鮮やかで、見た目にもオシャレでピッタリです。

色はウレタンゴムソノモノの色の淡黄色と青と赤です。

今日は、黄色のウレタンゴム製品を製作しなかったので仕方ないですが

赤・青・黄のウレタンゴムカバーも製作したらオシャレで面白いですね。

これからも色んなウレタンゴムカバーを製作してみます。


当社は、ウレタンゴム加工業です。

生業は、液状ウレタンゴムの注型です。

そうなんです。何度も、このブログで
書いていますが

液状のウレタンゴムを金型に
流し込んで、熱硬化させて形にするのが
お仕事!!生業です。

液状注型ウレタンゴムの加工で出来る
ウレタンゴム製品の種類は2種類です。

①ウレタンゴム単体品
 これは、金型の形のそのままが製品に
 なり、材料のウレタンゴムそのままで
 形は色んなモノがある製品

②ウレタンゴムライニング品
 これは、金型にセットされた鉄芯(金具)に
 ウレタンゴムを焼き付けている製品
 主に有るのが、ウレタンゴムローラー等

この2種類の製品で一番の違いは
金具(鉄芯)があるか無いかです。

で、この金具(鉄芯)とウレタンゴムの
焼き付けに必要なモノは又2つ。

①接着剤

②ショットブラスト

①の接着剤は、ウレタンゴムと金具(鉄芯)の
 接着の時にも使用すしますが焼き付けの
 時にもライニング専用の接着剤を使用します

②ショットブラストは、ウレタンゴムと金具(鉄芯)の
 ライニングの強度を上げるために行います

そうです。。。

ウレタンゴムライニングにはショットブラストは
必須なのです。

こんな感じの仕上がりです。

こんな機械で仕上げます。

接着剤塗布後はしっかりオーブンで焼きつけます。

良いウレタンゴムライニング製品が出来上がりそうです。


当社は、ウレタンゴム加工業です。

液状のウレタンゴムを(金)型に注ぎこむ事を生業にしております

故に、どんなモノでも出来てしまいます。

モノや型が有れば。

型は正式な金型で無くても構いません。有り合わせの金型だったり

シリコン型やウレタンゴム型でも対応可能です。

故に、試作でこの様な形、この様なモノを製作して欲しいと

いった場合、とても重宝される会社だと思っています。

今回は、お客様のご要望では無いのですが、

当社の社員さんが全てがスパーカーブーム世代という事も

有り、スーパーカーをウレタンゴムで製作してみました。

なかなか秀逸のお仕事だと思いませんか。

ウレタンゴムならではの、硬度も色々、着色も色々に

しました。

タイヤの部分は硬度80度

ヘッドライトも本物そっくりに赤色に着色させて頂きました。

テールランプは後ろから見て分かり、少し気を付けて欲しいので

黄色にさせて頂きました。

勿論、ドライバーさんも黄色人種の日本人。

色んなモノを製作させて頂きますので、何なりとお申し付けくださいませ。

有難うございます。


当社は、注型ウレタンゴム加工業です。

そうです。(金)型に(液状)のウレタンゴムを注ぎ込むのが

お仕事なのですが、偶にですが、研磨のみとか加硫のみとか

のお話しを頂く事が有ります。

昨年の年末にはブラストのみというお仕事を初めて

承りました。新鮮でした。

そう言えば、昔、当社にショットブラストの機械が無いときは

ショットブラスト屋さんにショットブラストをお願いしに

行ってましたからね。

ショットブラストの機械

ショットブラストの達人!I村さん!!

当社にとってショットブラストはとても大切です。

ウレタンゴムライニングする時に、金具や鉄芯の表面を荒らし

表面積を大きくして、ウレタンゴムのライニングを強固にするんですから。

鉄芯にウレタンゴムをライニングする所だけをショットブラスト

右のスケールと一緒に置いているのが、ブラスト前のモノです。

受け入れの時はツルっとしています。

表面を荒らしました。表面積が大きく成り、ウレタンゴムがライニングしやすく成ります。

当社は、この様な方法でショットブラストを使いますが

表面を綺麗にしたい・・・錆び落とし。

等にも使用できます。ウレタンゴムのライニングだけでは無く

ゴムのライニングの時や金具の表面処理のみの場合もお仕事のご依頼は

受け付けております。

ショットブラストのプロ、マスキングのプロのI村がお受けしますので

何なりとお申し付けくださいませ。

是非、ご用命をお待ちしております。


当社は、液状の注型のウレタンゴムを生業にしております。

故に、色んな形、色んなモノを製作する事が出来ます。

昨日から、話題(笑)に成っております。

ウレタンゴムスーパーカー!!

が完成しました。

ライトも製作し、ドライバーも製作しました。

何か、私たちが小さい頃に観ていた

スーパーカーブーム時代のスーパーカーの展示場みたいに

成りました。

これにエンジンを付けて動かしてみたら

面白いだろうなぁ~って。現場の皆さんで話していました。

製造業の秀逸な匠の技を駆使してする

コマ対戦!!に対抗して(笑)

ウレタンゴムスーパーカー!

全国大会!!

何かも面白いかもしれませんね。

夢は膨らむ未来へ膨らむウレタンゴムと車のお付き合い♬

リッセイ♪




ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ・お見積もりはお気軽に!
ウレタンゴム加工.COMへのお問い合わせ

ウレタンゴム加工110番特急便

最新のコメント